大量に余った小銭の使い道を徹底解説!ATMでの処理方法や両替のやり方も紹介

小銭 使い道暮らし生活

お釣りを出さないようにするのが面倒くさくて、いらない小銭が貯まってませんか。

小銭というのは、多すぎると財布が膨らんだり、重たくなったりする原因です。めんどくさいといって管理を怠ると、邪魔になるだけなので注意しましょう。

今回は小銭の使い道をリサーチしてみたので紹介します。

スポンサーリンク

小銭の硬貨としての使い道

まずは小銭を硬貨として扱う、スタンダードな使い道です。

スーパーマーケットや小売店での支払いに使用

小銭を、スーパーマーケットや小売店での支払いとして使用します。これは非常にスタンダードで誰もが思いつくものです。
スーパーマーケットやコンビニ、個人経営の商店などで溜まった小銭を使用し、自分の手元に小銭を置かないようにします。

ATMの硬貨受付に投入

ATMの硬貨受付に小銭を投入することで、残高を増やしたり、紙幣を増やしたりできます。万単位の小銭がある場合は、試してみるのもよいでしょう。小銭を投入するのに時間がかかるため、混雑していない時間帯を選んでください。

ガソリンスタンドの支払い機に投入

ガソリンスタンドは使用頻度が高くかつ硬貨の支払いに対応しているため、小銭の使い道としておすすめです。中にはアイランド(停車させ、給油するために機械を置いている所)に精算機がついているガソリンスタンドもあります。

「硬貨投入口」に入れた小銭が余ったときは、紙幣になって返ってきます。

小銭の便利アイテムとしての使い道

小銭を硬貨として使う以外にも、変わり種の使い道もあります。生活に役立つので、ぜひ参考にしてください。

10円玉で嫌な臭いを消臭する

10円玉は銅を含むため、消臭効果があると言われています。使用した靴やブーツの中に10円玉を複数枚忍ばせておけば、靴の臭いを除去することが可能です。入れる前と後の臭いを比べれば、消臭効果をより実感できるでしょう。

10円玉で電子機器の熱暴走を抑える

10円玉に含まれる銅は、金属の中でも熱伝導がよく、熱を伝えやすい性質があります。

スマホやタブレットは、蓄熱すると、CPU等に悪影響を与えることが多いです。しかし10円玉を置けば、銅の熱伝導により、貯まった熱を逃がす効果があります。是非、1度試してみてはいかがですか。

小銭は人の手垢や油が付着してるので、支払い以外に使う際は、よく洗浄しましょう。

https://trandars-cycleson.xyz/%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%e7%94%9f%e6%b4%bb/%e5%b0%8f%e9%8a%ad%e3%82%84%e9%8a%85%e8%b2%a8%e3%81%ae%e6%b4%97%e3%81%84%e6%96%b9%ef%bc%81%e6%b1%9a%e3%81%8f%e3%81%a6%e6%b2%b9%e3%81%a3%e3%81%bd%e3%81%84%e7%a1%ac%e8%b2%a8%e3%82%84%e5%8f%a4%e9%8a%ad/

小銭を貯めるなら大きめの貯金箱を

小銭の使い道に可能性を感じた方は、普段から余った硬貨を貯めておくのがおすすめです。

小銭を貯めるのに最適なアイテムは貯金箱。しかし小さいものは、金額も大きくならないので夢がありません。小銭は、ひとつひとうの金額は小さいものの、毎日積み重ねれば結構な額になります。

よって貯金箱も、大きめの夢のある商品を使いましょう。

最近の商品は面白いものも多いので、ぜひお試しください。

邪魔だと思っていた小銭が、日に日に資産になっていくのは面白いものですよ。

Amazon

楽天

まとめ:たまった小銭の使い道はいろいろある

小銭というのは重たく、使い道を考える時がありますが、創意工夫により、様々な使い道があります。めんどくさいなと思う時もあるかと思いますが、硬貨は貨幣の一部であり、私たちの生活の一部を支えてくれているのは間違いありません。
これを機会にご自身で創意工夫をして、様々な使い方を考えてみてはいかがですか。いろいろな方法を試すうちに、生活に役立つ使い道を発見できるでしょう。

スポンサーリンク

コメント