雨に濡れない傘の差し方!正しくマナーを守って快適な梅雨ライフを過ごそう

傘 差し方暮らし生活

雨の日、これよくあるあるだと思います。

傘さしても普通にめっちゃ濡れる・・・

そんな経験しょっちゅうしますよね。

傘を指すポジションが悪いのか、

横殴りの雨だと仕方ないのか、

なぜだかさしているつもりが、室内に入るとひどく濡れている・・・。

これどうしたらいいんでしょうか・・・

差し方以前に傘のサイズが小さすぎない?

まずは自分の持っている傘のサイズ感はどうでしょうか?

単純に傘が大きければ、差し方など考えることなく、

雨から身体を守れますよね。

 

しかし、やたらめったら大きな傘は

周りの方にも邪魔になるし、

持つのも重いです。

大きければ良いというものではないですね。

 

傘は、自分に合ったサイズ、

もしくはもう一回り大きなサイズを選ぶのが妥当でしょう。

 

一般的には女性は60センチ、男性は70センチと言われています。

 

ちなみに私は女性でも小さいほうなのですが

70センチを最近購入しました。

 

それくらいの大きさであれば周りの方への邪魔にもなりません。

ただし・・・少しだけ重たさを感じております(笑)

 

【これはNG】雨に濡れる傘の差し方

傘 差し方

次は傘の差し方です。

これがまた難しいところなのです。

 

よく見かける・・・いや私自身もよくしている

肩に傘をかけるように差すポジション。

これは身体に向かって傘が斜めになるため確実に濡れます。

 

傘の重たさもあり、荷物もありで

ついついしがちなスタイルですが、

あきらかに後ろしかカバーしておらず

前身が濡れてしまいます。

雨に濡れない傘の差し方

傘 差し方

雨に濡れない傘の差し方を探ってみました。

 

傘というのは、真上に持つと足元が濡れ、

足元を守ろうとすると、肩から背中が濡れがち

になります

 

そのため理想的な差し方としては

自分の体、少し斜め前です。

そして傘の柄の部分の曲がっている部分を

体の方向に向けて持つとさらに持ちやすいです。

 

もうひとつ!ポイントなのですが、

傘を仕舞う際や、洗った際などに

撥水スプレーをしておくと、

傘表面の雨水をきれいに処理できます。

撥水スプレーにより、

傘から垂れる雨水の落ち方すごくなるからです。

 

傘に雨水が残ると、カビや雑菌の原因になります。

放置するとカビ臭くなったり、生乾き臭がしたりするので

注意が必要です。

【くっさ~い!】傘が臭い原因と対処法!洗い方・メンテナンス・保管方法を徹底解説 | ご近所お助け隊
久々に使う傘が臭かったら萎えません?広げたとたんにモワっと広がる生乾き臭。カビ臭さもあるので、自分がドブネズミにでもなったかのような感覚です。そこで今回は傘の臭いをとる方法や臭くさせないメンテナンス法を紹介します。

また、素材の劣化にも繋がるため

長く愛用したい方はぜひ撥水スプレーを塗布しましょう

 

傘の差し方+レインウェアで完全防水を実現できる

荷物が多い場合や、小さいお子様を連れている方は、

レインウエアと傘を併用するのがおすすめです。

実は私も最近実践しています!

 

最近のレインウエアはすごくかわいいんですよ

なんか、かっこいいんです!

レインウェアって年配の方が着るイメージだったけど

現代は意外とそうでもありません!

 

このファッション性なら、雨の日も楽しめるなと思って

レインウエアとレインブーツを購入しました!

 

今までのカッパや長靴とか、そういう概念ではなく、

今のレインウェアは、とてもかわいい、かっこいい!

そのうえ濡れないという一石二鳥さ!

 

レインウェアとレインブーツ、傘を併用sるうと

足元もきにならない、

傘は頭だけ守れば良いということで

このスタイルをたいへん気に入っています!

 

正直いって傘の差し方だけで雨を完全に防ぐのは困難なので

雨濡れにお悩みの方はぜひお試しください。

Amazon

楽天

傘はマナーを守って差そう

最近は、傘を起因とした事故や事件などが起こっていますよね。

 

たまに小さいニュースで取り上げられています。

 

・傘を閉じて斜めに持っているから後ろの人に当たって危険!

・傘を綴じるときに隣の人の傘から水が落ちてかかって喧嘩沙汰になる。

・傘を低い位置でもっているから隣の人の顔にあたる。

・傘をしっかり紐綴じしていないから電車で太ももあたりが濡れた

などなど。

 

傘の差し方にこだわのは悪くありませんが、

マナーも大切にしなければいけないですよね。

お互いの思いやりが大事かなと思います。

まとめ:雨に濡れない傘の差し方は前方斜め45度

濡れない傘の差し方は

①自分の体のサイズに合わせたものを持つ

②体の斜め前にさす

③傘の柄の曲がっている部分を体のほうにして持つ

 

ということです。

 

レインウェアとレインブーツも併用して

雨の日を楽しく過ごしましょう!

 

テンションアゲアゲで梅雨や雨季を乗り切ってください!

スポンサーリンク

コメント