養老鉄道を守る中学生高橋秀歩の愛がすごい!廃線を回避できるのか?

エンタメ

廃線の危機にある養老鉄道を守ろうと、中学生・高橋秀歩が奮闘しています。

なぜ中学生である彼が養老鉄道を守ろうと思ったのか、どのようにして養老と活動を守っていくのか、とても気になるところです。

この記事では養老鉄道にこれだけの愛を注げる高橋秀歩にスポットを当てたいと思います。

スポンサーリンク

養老鉄道を守る中学生高橋秀歩、その愛がすごい!

高橋秀歩は、養老鉄道を守りたいと願う中学3年生の男子学生です。彼は鉄道オタクではありませんが、養老鉄道にこれでもかというくらい愛を注いでいます。

そんな彼が養老鉄道守りたいと思ったのは、小学3年生の時

当時利用者数がピーク時の半分以下になっていた養老鉄道にとって、事業を存続させるのは非常に困難なのが現状でした。そんな現状を憐み、何とかしようと行動したのが当時小学3年生だった高橋秀歩その人です。

高橋秀歩が最初に行ったのが、駅の清掃です。

愛する養老鉄道のために、小学3年生ながら何とかしたいと思ったのでしょうね。そのボランティア精神は、我々大人も見習わなくてはなりません。

「養老鉄道が、もしかしたらなくなっちゃうかもしれないって聞いたときに、自分にできることはないかなって考えて、駅の掃除を思いついて」

養老鉄道を守るため、ほかのローカル線の現状も調べ、夏休みの自由研究にまとめました。

「小学校の時は手書きだったので…」(秀歩さん)

丁寧な字でまとめられたレポート。

秀歩さんは、この活動を通じて、駅員から聞いたある言葉が今でも忘れられないといいます。

「“電車が地域の毛細血管だ”、“電車が走っていることで地域が元気になる”。すらすら言えるぐらい頭に刻んでますね」(秀歩さん)

“街の電車を守る中学生” 養老鉄道を廃線にさせないため…中3男子生徒が奮闘!
養老鉄道に企画を提案
中学生になってからも研究を継続。レポートの冊子は今年で10冊目となり、鉄道愛はとどまるところを知りません。

2018年は養老鉄道を盛り上げるためのイベントなど、企画を50個提案しました。

「中学生としての新しい見方も随所にみられて、逆にこちらが勉強になった」

まさに青春時代のほとんどを、養老鉄道を守るために使っていると言っても過言ではない高橋秀歩

中学3年生がここまでやっているのだから、関係各社がなんとかして養老鉄道廃線を廃線の危機から救って欲しいものです。

養老鉄道廃線の危機から救うためのイベントを50個立案するのは、並大抵の愛ではできません。上司から企画立案を命令された部下ならまだしも、養老鉄道が廃線しても人生には何ら影響がない中学3年生がそれを行うには、愛がなければできませんね。

養老鉄道を守るための奇策

普段から養老鉄道を守るために施策を立案している高橋秀歩ですが、2019年7月ついにその努力が報われます。養老鉄道を、音楽を楽しめる「おんがく列車」としてリニューアルしようとしたのです。

こだわりの企画が、車内で楽器を演奏し、みんなで楽しむ“おんがくれっしゃ”。

参加者からは大好評でした。

「遠くからわざわざ乗りに来てくれたり、本当にやってよかったなと。(秀歩さんは)すごくありがたい存在」(養老鉄道 小林さん)

“街の電車を守る中学生” 養老鉄道を廃線にさせないため…中3男子生徒が奮闘!
公民館で養老鉄道についての講演
秀歩さんの活動は評判となり、養老鉄道についての講演を依頼されるようになりました。

この日、地元・池田町の公民館をのぞいてみると、7年かけて調べた知識を映像などを使い、丁寧に説明していました。

さらに、クイズなどを盛り込み、参加者の興味を引くなど、さまざまな工夫が凝らされた講演となっていました。

このように高橋秀歩は、養老鉄道を人を運ぶ乗り物から、人を楽しめる乗り物にリニューアルしました。この活動が普及すれば、養老鉄道が観光スポットとして新たな価値を持つことも遠い未来ではないでしょう。

音楽を楽しめる鉄道って、普通に利用してみたいですよね。

養老鉄道の現状

養老鉄道は年間9億円規模の赤字が続いていましたが、現在は黒字回復しています。朝日新聞によると2017年はせん1,700万円の黒字だったそうです。自治体はもちろんのこと、養老鉄道支援する団体はいくつかあるので、これからも支援の輪が広がっていくでしょう。

養老鉄道を支援する団体

養老鉄道活性化協議会(沿線市町)
養老鉄道永続を進める会(池田町)
養老鉄道を守る会(養老町)
養老鉄道をどうする会(海津市)
養老鉄道を守る会“かいづ”(海津市)

まとめ:養老鉄道を守る中学生高橋秀歩の愛がすごい!廃線を回避できるのか?

養老鉄道を廃線の危機を救うには、養老鉄道の人気をいかに向上するかが鍵になります。

今回、高橋秀歩の音楽列車イベントは、その第一歩となりますね。

観光スポットとして人気が出れば、利用者数も激増するでしょう。中学3年生がこれだけやってるのを見ると、大人も頑張らなきゃという気持ちになります。

スポンサーリンク

コメント