「発酵」「腐敗」「熟成」「醸造」の違いとは?分かりやすく解説

発酵 腐敗 熟成 違い食べ物

「発酵」「腐敗」「熟成」「醸造」の違いとは、どんなものなのでしょうか。食品で目にすることも多いので、気になってる方もいるででしょう。この記事では、「発酵」「腐敗」「熟成」「醸造」の違いを紹介します。それぞれの違いを知り、食事を充実させたいという方は参考にしてください。

スポンサーリンク

「発酵」「腐敗」「熟成」「醸造」の違い

発酵 腐敗 熟成 違い

「発酵」「腐敗」「熟成」「醸造」の違いは、以下の通りです。

  • 発酵:微生物が食材を分解して作る食品
  • 腐敗:微生物が食材を分解して作る汚物
  • 熟成:発酵後に寝かせて食材の風味や香りを増やす
  • 醸造:発酵を利用して食品を作る

発酵と腐敗の違い

まず「発酵」と「腐敗」は、どちらも微生物が食材を分解します。その結果人間にとって有益な食品を「発酵」、有害な汚物を「腐敗」と呼び分けているわけです。前者は納豆や味噌、後者は食パンのアオカビなどが該当します。

発酵食品は腐敗と表裏一体なので、保存食に向いています。特に味噌は、日本人が古来より活用してきた万能な保存食です。ただあまりに長い期間放置しておくと、腐ることもあります。保存食品だからといって安心せずに、1年くらいで食べきりましょう。

インスタント味噌汁の賞味期限切れは食べられる!?あさげやひるげの未開封・開封後は?
賞味期限切れのインスタント味噌汁って食べられるのでしょうか。せっかく買ったんだから、食べられるなら食べてみたいという方も多いでしょう。この記事では、インスタント味噌汁の賞味期限切れについて紹介します。開封後の賞味期限についても解説してるので...

醸造と熟成の違い

一方熟成は、発酵後に寝かせて食材の風味や香りを増やします。お酒やチーズなどを発酵後に寝かせるのも、これが理由です。「微生物を介在させず化学反応を発生させる」という意見もありますが厳密にはそうともいえません。たとえば味噌は、微生物)が出す酵素で熟成が進みます。完全に微生物が存在しないとは言い切れないのです。よって、「発酵後に寝かせて食材の風味や香りを増やす」という目的の方を覚えておきましょう。

醸造は、発酵を利用して食品を作ることです。発酵させて、お酒や醤油、お味噌を作ることを指します。食品を作るための一手法ということですね。

まとめ:「発酵」「腐敗」「熟成」「醸造」の違いとは?分かりやすく解説

発酵 腐敗 熟成 違い

「発酵」「腐敗」「熟成」「醸造」の違いは、「化学反応」と「調理法」で説明できます。

「発酵」「腐敗」が、微生物を利用した化学反応、「熟成」「醸造」が、発行を利用した調理法と覚えておきましょう。

スポンサーリンク

コメント