氷川きよしはmtfなのか?演歌界初のトランスジェンダー誕生へ迫る

エンタメ

氷川きよしが最近異常に女らしくなって、mtfだと思った方も多いのではないでしょうか。この記事では、氷川きよしがMTFなのか、様々な事例を通し検証していきます。演歌界初のトランスジェンダーとなるのか、気になるところです。

スポンサーリンク

氷川きよしのmtf疑惑一覧

1人称が俺ではなく「あたし」

皆さんは他人との関わりの中で、自分をなんて呼びますか?男性でしたら「オレ」、社会人になると「わたし(私)」というのが一般的でしょう。しかし氷川きよしは自分のことを「あたし」とよぶそうです。

「あたし」は、「わたし(私)」の砕けた言葉で、東京では男性でもよく使います。職人・商人・落語家も使用するため、1人称が「あたし」というだけで、氷川きよしがmtfと断定することはできません。

ちなみに「わたし(私)」は、「わたくし」た砕けた呼び方で、女性を中心に活用されてきました、しかし現在では、男女ともよく利用します。

女性用下着を着用

氷川きよしは、女性用下着を日常的に着用しているようです。男性であればボクサーパンツ、黄ばみが気にならない勇者ならブリーフを履くでしょう。しかし氷川きよしは、女性用パンティを履いています。

女性用パンティを履いている男性ときくと、やはりMTFではないかと疑ってしまいますね。

でも、知ってました?

男性でも好んで女性用下着を着用してる人はいます。読売新聞朝刊にも、女性用下着を着用する旦那さんを持つ奥さんから、悩み投稿が寄せられています。

〈普段は静かで真面目な人ですが、8年ほど前、女性の下着を身に着けているのを見てしまいました。私は驚いて泣き叫んでいました。夫もショックと恥ずかしさで逃げるように家を出ていきましたが、夜遅く帰宅して、「もうしない」と言った記憶があります〉
読売新聞朝刊

この旦那は50代だそうで、結構いい歳ですが女性用下着を好んで着用していました。奥さんが問いただしてみても、「趣味だから」「ストレス解消」というニュアンスの言葉を連発したそうです。なるほど!と納得できそうなほど、すがすがしい回答ですね。

このように男性でも女性用下着を着用してる人はいます。

そのため氷川きよしも、女性用下着を着用しているというだけでmtfになるとは限りません。女性用下着を着用する男性にも、色々理由があるからです。

男性が女性用下着を着用する理由

着心地がよい

実は女性用下着を好んで着用する男性は増えているそうです。

その理由の大半が「ブラジャーやパンティで締め付けられる感覚が気持ちいいから」です。

ブラジャーとかパンティって、男性用下着に比べると締め付けが強いじゃないですか。それが40代・50代の男性の心を射止めるそうですよ。もしかしたら私もその年代になったら、ワコールのブラとパンティーを鏡の前で二やけながらつけているかもしれません。

このように、氷川きよしが着心地がよいという理由だけで、女性用下着を着用している可能性もあるわけです。一部週刊誌では「お尻がきれいに見えるから」と書いてあったので、美意識が高い男性であることは間違いありません。ただ、それがMTFに繋がるかは微妙なところですね。

背徳感がある

女性用下着は普通女性が身に付けるものです。しかし男性が身につけることで背徳感を得られるというメリットもあります。メリットなのかよく分かりませんが。。。

このような男性は、自分が女性用下着を身に付けることが、周囲にいつばれるかと興奮しながら待っているそうです笑

つまり、性的願望・変態的願望ということですね。

背徳感ということなので、「生徒なのに女性教師と××」「隣の奥さんと不倫××」という類の興奮なのでしょう。

いずれにせよ性的目的のために、女性用下着を身につける男性がいるのは確かです。しかしこのような男性は見た目も男性のことが多く、氷川きよしは絶対に当てはまりません

普段はオネエ言葉

皆さんは普段の言葉遣いはどうですか?一般人であれば「~ます」「~ですよね!」となりますが、氷川きよしはオネエ言葉を多用するそうです。

オネエ言葉を使う芸能人といえば、マツコデラックス・ミッツマングローブ・クリス松村・はるな愛・IKKOなどです。mtfとしてはかなりガチな方々ですね。オネエ言葉を使う男性は、やはりMTFの可能性が高いのでしょうか。

ただ男性でもオネエ言葉を使用する人がいます。

それは尾木ママです。

尾木ママは正真正銘男性ですが、教育者として最適化された結果、オネエ言葉を普通に使っています。女性の柔らかなコミュニケーションを意識した結果、オネエ言葉になったそうです。

氷川きよしも当然、そういう可能性もあるわけです。mtfではなく、柔らかいコミュニケーションを模索した結果、オネエ言葉になったのだとね。

女性と見間違うぐらいきれい

氷川きよしがMTFと言われてるのは、単純に外見が女性らしいからです。宝塚ジェンヌともいえそうなルックスは、四十歳を超えたおっさんとは思えません。

氷川きよしの外見は、明らかに20代のモデル・ミュージシャンくらいにみえます。

これが40代のおっさんですよ?

男性がここまで変わると、mtfといわれるのも納得です。

氷川きよしは女性ホルモンをいれてる?

氷川きよしは、40代になって突然女性らしく綺麗になりました。若い頃から普通に美青年だったんですが、最近は明らかに女性化が進行しています。

そのため「氷川きよしは女性ホルモンを入れてるのではないか」と思う人も多いです。

ただ氷川きよしが女性ホルモンを入れているのかも定かではありません。女性ホルモンを入れてるだろって勘違いするほど、氷川きよしがきれいなだけです。

まとめ:氷川きよしはmtfなのか?演歌界初のトランスジェンダー誕生へ迫る

氷川きよしは、自身がmtfであることを公言していません。よってmtfなのかは、誰にも分からない状態です。とはいえ、外見が完全に女性ですし、女性用下着・オネエ言葉というmtfっぽい側面もあります。

ただ氷川きよしがMTFでも、別に驚きません。明らかに女性なので、mtfを公言されても驚かない方が大半なのではないでしょうか。税金も高く納めてるでしょうし、社会貢献的には問題ないので、カミングアウトを期待している方も多いです。

スポンサーリンク

コメント