札幌市の寺院が伝統の除夜の鐘を中止wその理由がエグイ

エンタメ

札幌市が伝統として行ってきた除夜の鐘を中止するのはなぜなのでしょうか。

除夜の鐘は、元日を彩る風物詩の一種ですので、中止になったのは残念でなりません。

この記事では、札幌市の寺院が伝統の除夜の鐘を中止した理由を紹介します。元日といえば除夜の鐘っていう人は見てください!

スポンサーリンク

札幌市の寺院が伝統の除夜の鐘を中止

1907年(明治40年)建立の大覚寺(東区北10東11)は今年、除夜の鐘の中止を決断。寺院前に中止を知らせる看板を立て周知している。今春からは朝6時に突いていた鐘もやめた。荒木道宗住職(47)は「数年前から数十件、匿名の苦情が届いていた。継続を望む声も同じくらいあったがやむを得ない」と話す。

札幌市の寺院が伝統の除夜の鐘を中止した理由

札幌市の寺院が伝統の除夜の鐘を中止した理由は、住民から「うるさい!」という苦情が出たためです。元日に除夜の鐘を鳴らすのは別に普通の習慣だと思うのですが、なぜか札幌の寺院が伝統行事を中止する事態になっています。

札幌市の寺院が伝統の除夜の鐘を中止に賛成なのは数%?

yahooが独自にアンケートを実施しているのですが、札幌市の寺院が伝統の除夜の鐘を中止に賛成しているのは10%にも満ちていません。

つまり札幌市の寺院は、一部のクレーマーの意見を飲んだということになります。

札幌市の寺院が伝統の除夜の鐘を中止について世間の反応

除夜の鐘や子供の運動会を煩い言う奴等は黙れ!お前らが我慢せい!
って思うよね。
文句言ってる奴等の数百数千倍の人たちがそれを楽しみにしてるんだ
、煩い思うのは勝手だがそれを止めさせる権利は彼らにはないよ

 

確か川崎の元農水省職員の息子殺傷事件も、息子が近所の小学校であった運動会の音がうるさいと腹を立て、危害を加える恐れを感じて手に掛けことも理由の一つと言っていた。

 

あと、こうゆう邪悪な声を上げる奴等って、結局根っこはポリコレ界隈でしょ?
例えばアメリカで伝統ある銅像を壊させたり、言葉を禁止させたり、アメリカ、ヨーロッパ、世界中でそんな事を正義だと言ってやっている!
が、それこそが悪だから!
歴史を破壊し人々の言葉を奪う奴等の何処が正義だ!

 

除夜の鐘の音が
迷惑だなんて
そいつら日本人じゃないよ

 

ゆく年くる年に思いを馳せ、煩悩を清めるいい音色の鐘だと思うけど。
日本の文化や精神的よりどころを破壊するために中国が潜入させた工作員がクレーム出しているのか?
そんな輩の思うつぼになってはいけない事例だろう。

 

高原リゾート地へ行って「朝の小鳥のさえずりがうるさい」と宿に文句たれた者がいるそうな。同類か?

札幌市の寺院が伝統の除夜の鐘を中止した本当の理由

札幌市の寺院が伝統の除夜の鐘を中止した本当の理由は、寺院側が無用なトラブルを避けたためです。除夜の鐘が気に食わないだけで、神社に嫌がらせをする可能性だってありますからね。

また中には『「差別」という言葉を伝統文化を破壊するための免罪符として使っている』という意見もありました。いわゆる、ポリティカル・コレクトネスの悪用ですね。

ポリティカル・コレクトネスとは

ポリティカル・コレクトネスとは、性別・人種・民族・宗教などで差別しないように、適切な言葉を使おうっていう思想です。ポリコレとも呼ばれてます。令和男女差別や人種差別をなくそうっていう取り組みですね。具体例としては、以下のようなものがあります。

・看護婦や看護士⇒看護師
・障害者⇒障がい者、障碍者
・助産婦⇒助産師
・スチュワーデス⇒客室乗務員
・保母や保父⇒保育士

ポリティカル・コレクトネスは、人の差別をなくすためのよい思想です。しかしだからといって、万能ではありません。自分たちの常識だったことを「差別だ!」と言われれば、反発したくなるのが人間です。今回の例でいえば「社会的少数者のために伝統文化を破壊してもよいのか!」というようにです。

まとめ:札幌市の寺院が伝統の除夜の鐘を中止wその理由がエグイww

札幌市の寺院が伝統の除夜の鐘を中止した理由は、悪質なクレーマーによって自分たちに危害が及ぶのを避けたためです。元日といえば除夜の鐘ですが、これが一部のクレーマーによって中止になったのは残念でなりません。寺院の方々も助けてくれる存在があれば続けられたのでしょうが、現実はそうはなりませんでした。日本人は一人で解決するきらいがあるようですが、いまこそ助け合いの精神が求められているのかもしれません。

スポンサーリンク

コメント