隣人の騒音問題における対策法!うるさい近隣住人を黙らせる方法

隣人 うるさい 対策暮らし生活

「隣人の方がうるさくてつらい」「うるさくて夜も眠れない」なんてことあると思うんですよね…

特に賃貸物件などに住んでる方に関してはその悩みって多いかと思いと思うんですよね。ただ対策の方法を間違ってしまうと問題が大きくなってしまったり、話がこじれてしまいます。

そこで今回は、隣人の騒音に悩まされた場合の対処法と注意点をまとめてみました!苦情を入れる前にぜひ読んで欲しい項目です。ご近所トラブルについては、穏便に解決するのが一番ですよね♪カッとなってしまって行動しないようにしていくのも大事です!

スポンサーリンク

自分の家は騒音に耐えられるのか

隣人がうるさいとはいえ、何も調べずクレームを入れるのはよくないですね。そのためまずは、自分の部屋の防音設備や住んでいる建物の構造を調べてみましょう!

もともと、建物の構造的に壁が薄い場合であればある程度は音漏れも覚悟が必要になりますし、実は隣人の方も同じように隣がうるさいと思っているかもしれませんよね。

そのような場合、これから解説する騒音対策を試していただいても解決しない恐れがあります….その場合は引っ越しすることも視野に入れてお考えくださいね!

隣人の騒音がうるさい時の対策法と注意点

◇最初に、騒音の元を確認

皆さんは隣人がうるさくて壁をドンドンして逆にクレームを入れられたなんてことありませんか?

実は皆さんが感じているうるさい音の場所と実際にうるさくなっている場所って違うことが多くあるんです!

うるさくて辛い…などと思ったときにまず最初にしていただきたいのは、実際の騒音の場所を確認していただくことです!本当は全然うるさくなかったのにクレームを入れてしまったら相手方にも迷惑ですし、自分自身も居づらい状況になってしまいますからね….

まずは、クレームを入れる前に実際に音がなっている場所を必ず確認してみてください!

◇壁の薄さの確認

隣人 うるさい 対策

初めに述べた部分で壁の薄さについてお話致しましたが、そもそも壁が薄かったら自分自身の生活音も隣人の部屋に漏れている可能性のほうが高いです!

 その場合に関してはお互い様だと言わざる負えません… 隣人が部屋で大声で歌っているなどの騒音があるならまだしも、自分自身の生活音が漏れていたら建物自体の構造上防音効果が弱いと言わざるを得ません…

出来れば住む前に壁の薄さを確認できるといいですよね♪

◇大家さん(管理会社)に相談する

隣人 うるさい 対策

どうしても隣がうるさくて耐えられない場合は一度大家さんや管理会社のほうに相談をしてみてください!直接いう手もありますが、相手がどのように出てくるかによっては自分自身が大変になってしまうかもしれません。

大家さんなどに間に入って対応していただければ、話がこじれることもないですし何よりも安全ですよね♪

だだ、大家さんに苦情を入れてもらう場合にもどこから苦情が入ったかなど個人が特定出来てしまうような情報を苦情相手に伝わらないようにするための対策も大事になります。自分が苦情を入れたとわかってしまったら大変ですからね…

手紙でクレームを伝える

隣人 うるさい 対策

手紙なら、匿名で隣人にクレームを出せます。直接抗議に行くより、安全にこちらの意見を伝えられるのでおすすめです。良識ある隣人なら、これだけで騒音がなくなるケースもあります。一番簡単で、かつ効果的なので、ぜひお試しください。

◇直接隣人の方に苦情を入れる際の注意点

隣人 うるさい 対策

初めから隣人の方に苦情を入れに行くことは、正直に言ってオススメしません…

普段から面識があってお互いにお話したことがあるのならまだしも、最近のご近所付き合いが少なくなっている中で相手がどんな方なのかわからないなかで苦情を入れに行くのは危険かとおもいますよ…

特に女性の方でひとりぐらしの方だと相手方に知られてしまったら、ストーカーなどの迷惑行為までに発展してしまうかもしれませんので十分注意を払って行動してくださいね!

自分にとっては迷惑でうるさいかもしれませんが、相手方はそのように思っていないと勘違いが生まれている可能性もありますから、注意したら意外と話をきてくれる方もいますよね♪

要は、わざわざ相手を怒らせてまで話をこじれさせる必要性はないっていうことです!

◇壁をドンドンとたたく(オススメしません…)

隣人 うるさい 対策

隣人の騒音でイライラしてしまいもしかしたら感情的になって壁をドンドンとたたいて注意しようとする方もいるかもしれませんが基本はオススメ致しません。

賃貸物件であれば壁を傷つけてしまい退去時に余分なお金がかかってしまう恐れもありますし、相手も壁を叩かれることによってストレスとなってしまい思いもよらぬようなトラブルが生まれてしまうかもしれませんので、騒音に悩んでしまったら大家さんなどに必ず相談するようにしてくださいね♪

◇対策をしようとして、大きなトラブルにならないようにする

皆さんが対策をとろうとして、一番恐ろしいのが刑事事件などの警察が動いてしまうような事案になることです。

こちら側に一切の非がなかったとしても逆恨みをされて突然の被害を被ってしまう恐れがあるので、トラブルが大きくならない様に十分に注意して慎重に解決していく方法を考えていきましょうね!

うるさくて疲れてしまうとどうしてもイライラしてしまい感情的になってしまうことが多くありますが、その状態で隣人に注意してしまうと相手も売り言葉に買い言葉で返してしまうので思あぬヒートアップをしてしまうかもしれません。常に冷静に行動したいですよね♪

実際、大家さんなどに注意してもらうのが一番安心してできる方法かと思うので、自分で苦情をいいに行く前に一度相談してみてはいかがでしょうか?

◇防音対策をする

隣人 うるさい 対策

実際に引っ越しをせずに何とか暮らしたいって思う方もいるかと思います!そりゃあせっかく気分よく決めたお部屋ですもんね♪

そんな方におすすめなのが、お部屋に防音対策を施すという方法です!

そんなのむずかしいよ。。。なんて思っている方にでも出来る簡単な方法があるんです♪

筆者がオススメする簡単な防音対策は以下のページでしっかりご紹介させていただいてますのでぜひご確認して試してください!

隣の部屋がうるさいときの防音対策!薄い壁や賃貸でもできる生活音の遮音法
突然ですが、皆さんのお部屋の防音ってどうしていますか? 隣の部屋がうるさかったりすることって、結構あると思うんですよね。 ただ、対策しようとも「賃貸だから。。。」とか「工事とかしなきゃでしょ?」など様々問題や悩みを抱えてる方多い...

隣人の騒音対策はやってみないとわからない

隣人がうるさいので騒音対策をしたいという方は多いです。

しかし、具体的にどうすれば解決できるのかは誰にもわかりません。口頭で済む場合もあるし、何をしても解決しないこともあります。

よって隣人の騒音対策は、やってみないと分からないのが現状です。

そもそも隣人の騒音トラブルに巻き込まれるかどうかも、実際に入居して住んでみてからじゃないとわかりません… 最初は問題なかったけど途中から住人が変わってうるさく感じるようになったとなることもあるので難しい部分です。

なるべく騒音に悩むがいやな場合は事前に壁の分厚さや防音性の高い部屋を探すのも一つの方法ですよね!

ちなみに、角部屋に住むのにも騒音トラブルの回避策の一つですね。角部屋なので隣人が一人減るということも騒音で悩むことが少し無くなりますよね

このように隣人を少なくする生活を意識して生活すればトラブルを減らして快適に過ごせるようになるかもしれませんね♪

スポンサーリンク

コメント