包丁の練習を食材以外で行う方法!うまくなるための5つのポイントも解説

包丁 練習 食材 以外暮らし生活

包丁の練習って食材以外で行えたら便利だと思いませんか。「練習のために食材を消費するのがもったいない」と感じる方も多いはずです。しかし初めて包丁を使うときは、なかなか上達できずに悩んだりするものです。

とはいえ、やみくもに練習するのはよくありません。

うまくなるには、きちんとコツを意識しておきましょう。

ポイントを押えた練習をしていれば、スムーズに使いこなせるようになります。

スポンサーリンク

包丁の練習を食材以外で行う方法

包丁の練習を食材以外で行う方法を紹介します。家庭で簡単に手に入るものばかりなので、ぜひお試しください。

粘土で包丁の練習を行う

包丁 練習 食材 以外

包丁が初めてだと、食べ物を使った練習に抵抗を感じることがあります。

食べきれない量を切ったりすると、もったいないですよね?

しかし、たくさん練習しなければ、上達はできません。

そんなときは、粘土を使ってみてください。

食べる必要がない粘土なら、いくら練習しても大丈夫です。

切ったあとで形を整えれば、何度でも繰り返し使えます。

粘土で練習して十分に慣れたら、少しずつ食べ物を切っていきましょう。

葉っぱや雑草で包丁の練習を行う

包丁 練習 食材 以外

包丁の練習を食材以外で行う方法としては、雑草や葉っぱもおすすめです。

雑草や葉っぱなら、食材を無駄にすることなく包丁の練習ができます。

庭や畑の掃除にもなるので、細かく刻んだら、土壌や家庭菜園の肥料にしましょう。

食材以外のものに慣れたら、少しずつ本格的な練習を始めてください。

包丁の練習を食材以外で行うポイント

包丁の練習を食材以外で行うポイントを紹介します。食材を利用した練習にも使えるので、ぜひ参考にしてください。

まな板を固定して包丁の練習をしやすくする

包丁 練習 食材 以外

包丁の練習を食材以外で行う際は、まな板を固定しましょう。

まな板が常に動くような状態だと、上達が遅くなりがちです。

いくら練習しても、なかなかうまく切れません。

これは食材以外のものを使うときでも同様です。

包丁をうまく使うなら、まな板をしっかりセッティングしていきましょう。

おすすめは、滑り止めを敷く方法です。

市販の滑り止めを使うだけで、かなり作業しやすい状態になります。

すぐに購入できないときは、布巾でも代用可能です。

濡らした布巾を敷けば、まな板がぐらつくことはなくなります。

無駄に動くまな板は怪我の原因にもなるので、初心者は必ず対策をしておきましょう。

包丁の欠けた・折れた破片が見つからない!?混入の理由や対処法
包丁の欠けた破片が見つからないと不安になりますよね。混入の理由や対処法を知りたい人も多いでしょう。この記事では、包丁の欠けた破片が見つからない理由や対処法を紹介します。「包丁の欠けた破片が見つからない」「破片混入が健康的に心配」という方は参...

切れ味の鋭い包丁を使い練習の質を上げる

包丁 練習 食材 以外

切れ味が悪い包丁を使っていると、あらぬ方向へ刃が向かうことも多くなります。

思い通りに切れないと上達も難しくなるので、気をつけてください。

特に食材以外のものは、切れにくいこともあります。

切れ味のチェックには、コピー用紙を使う方法がおすすめです。

紙を持った状態で、刃がきちんと入るか確認してみましょう。

本当に鋭い刃なら、スッと斜めに切れます。

もし切れないようなら、それは切れ味の悪い包丁です。

失敗しないためには、まず研ぐことから始めましょう。

シャープナーなら、手軽に包丁を研ぐことができます。

鋭い切れ味をより長く維持するなら、砥石も便利です。

半身を保ち、包丁を扱う姿勢をつくる

包丁 練習 食材 以外

食材以外の方法で包丁の練習をする時は、姿勢を意識しましょう。

特に初めて包丁を使うときは、まな板に対して平行に立ってしまうことがあります。

それだと右手が傾きやすくなるので、練習するときは立ち方にも注意してください。

うまく切るためには、右足を半歩引き、半身になることが大切です。

半身の方が右手が安定するので、包丁の角度がまな板に対して垂直になります。

その状態で練習すれば、上達は早くなっていきます。

また、必要以上に前かがみになったりせず、まっすぐ立つことも重要です。

まな板を重ねたり、下に何か挟んだりして、高さもしっかり調整しましょう。

姿勢を正しくすれば、食材以外での練習でも問題なく上達します

練習のスピードを落として包丁を使う

練習するときは、てきぱきとした速い切り方を目指したくなることもありますよね?

しかし、最初からスピードを上げるのは、よくないやり方です。

慣れていない人が無理にスピードを出すと、失敗しやすくなります。

それでは効率の良い練習ができないため、上達も遅くなってしまうのです。

包丁の練習をするときは、まずゆっくり切ることを意識してください。

最初のうちは、スピードよりも正確さや安全さを優先しましょう。

スピードアップは、練習を重ねて包丁に慣れれば、自然とできるようになっていきます。

まとめ:包丁の練習を食材以外で行う方法!うまくなるための5つのポイントも解説

包丁の練習を食材以外で行うには、粘土・葉っぱ・雑草を使うのが一般的です。食材以外のもので包丁の練習すれば、無駄なコストがでません。特に葉っぱや雑草は、庭掃除にもなるので一石二鳥です。感触もネギやニラに似ているので、実践的な練習ができます。「包丁の練習に食材を使うのはもったいない」という方はぜひ活用してください。

盗まれた!?包丁が突然なくなった理由や原因・対処法を徹底解説!
料理を作ろうとしたら「あれ?包丁が突然なくなった!昨日までは料理で使っていたのに…」 そんな経験をしたことがありますか? 包丁は台所でしか使わないことが多く、それが突然なくなったなんて怖いですよね。私は以前も、料理をした後に包丁...
スポンサーリンク

コメント