包丁の欠けた・折れた破片が見つからない!?混入の理由や対処法

包丁 欠けた 破片 見つからない 破片混入暮らし生活

包丁の欠けた破片が見つからないと不安になりますよね。混入の理由や対処法を知りたい人も多いでしょう。この記事では、包丁の欠けた破片が見つからない理由や対処法を紹介します。「包丁の欠けた破片が見つからない」「破片混入が健康的に心配」という方は参考にしてください。

スポンサーリンク

包丁欠けたり折れたりするのは恐怖感から?

普段料理していると、包丁が危険だなって感じたことはありませんか。私は、大学2年生の時に居酒屋厨房でバイトしてたことがあってキャベツの千切りスピードアップって調子乗ってたら、左手の人差し指を深めに切ってしまって、救急病院直行したことがあります。それから、包丁の危険性を改めて認識しました。

包丁が欠けたり折れたりして破片になる理由

包丁 欠けた 破片 見つからない 破片混入

包丁を乱暴に扱っている

なんとなく包丁は万能で何でも切れる、と思いがちだけど工具ではありません。斧みたいにバンバン叩くように扱うと、鋼製だって欠けたり折れたりします。そんな使い方をしている方は注意しましょう。知らず知らずの間に包丁が欠け、破片が料理の中に入っているかもしれません

包丁の切り方が悪い

包丁 欠けた 破片 見つからない 破片混入

包丁の切り方が悪いと、欠けたり折れたりします。切っている途中に折れると、そのまま食材の中に破片が混入してしまいます。特に硬いものを切る時は、注意しながら前後にゆっくり切り込んで、無理に切らないようしましょう。冷凍食品を切ろうとしたり、硬いものを力づくで切ろうとすると欠けることがあります。包丁を使いこなすには、一定量の練習が必要です。

包丁の練習を食材以外で行う方法!うまくなるための5つのポイントも解説
包丁の練習って食材以外で行えたら便利だと思いませんか。「練習のために食材を消費するのがもったいない」と感じる方も多いはずです。しかし初めて包丁を使うときは、なかなか上達できずに悩んだりするものです。 とはいえ、やみくもに練習するのはよ...

包丁にも種類があって、切れ味重視の鋼タイプ、サビにくい耐久性タイプのステンレスタイプがあります。切れ味、硬さ、サビにくさ、値段、色々な組み合わせも多種多様なので、料理の使用用途に合わせて使用してください。

包丁のメンテナンスをしない

包丁のメンテナンスを怠ると、素材が摩耗し、折れたり欠けたりしやすくなります。錆がひどくなると、小さな破片が食材に混入するので注意しましょう。包丁のメンテナンスは、それほど難しくありません。電動砥石、簡易砥石で簡単にできます。

包丁の破片が混入するとヤバイ

包丁 欠けた 破片 見つからない 破片混入

もし包丁が欠けてしまったら、大きな破片なら分かりやすけど、小さな破片だったら数mmから数cmだから探すのが大変です。もし、そのまま気づかずに飲み込んでしまったら、口の中や喉、食道など傷つけてしまう恐れもあります。最悪、切開オペになるので、健康的によくありません。胃カメラ飲んで包丁の破片を見つけるのは、ひどく恐ろしいですよね。運が良ければそのまま排出されるけど、1年も2年も体内に留まることもあるわけです。包丁が欠けたり折れたりしてもその時は気にしませんが、いざ健康に悪いと聞くと恐怖しかありません。

包丁が欠けた・折れたときの破片はどうやって見つける?

台所の周りを注意深く探す

包丁 欠けた 破片 見つからない 破片混入

もし包丁が欠けたい折れたりした場合、破片を探すときの注意点は、台所のまわりを注意深く探すことです。まな板、シンク内、排水溝内、エプロンなどの衣服、足元などを注意して探してみましょう。包丁の破片で、不用意に手を切らないように注意してください。見当たらなければ、食材や料理内も探してみましょう。

フードプロセッサーで包丁の破片を見つける

包丁 欠けた 破片 見つからない 破片混入

料理次第だとは思いますが、フードプロセッサーをかけれるものはやってみましょう。少量ずつ入れて、ゆっくり回してみて金属の当たる音がしないかチェックします。そして、「ザルに移してこしてみる」、これを繰り返して破片を取り除きましょう。かなり面倒な作業になりますが、怪我するよりはマシです。包丁の破片で喉とか切るよりは、料理を捨てた方がよいケースもあります。料理を捨てるなんて勿体ないけど、安全が第一。しょうがないと割り切って、危険を取り除くしかありません。

まとめ:包丁の欠けた・折れた破片が見つからない!?混入の理由や対処法

包丁の欠けたり折れたりして破片が見つからない場合、食材や料理への混入が疑われます。体内に入ると大変危険なので、フードプロセッサーなどを利用して、食材や料理に混入した包丁の破片を見つけてください。

どうしても破片が見つからない場合は、混入の疑いのある食材や料理を丸ごと捨てましょう。少々もったいないですが、健康には変えられません。

包丁が欠けたり折れたりするのは、メンテナンス不足が原因なことも多いです。

私もしばらく包丁を研いでいませんが、昔、母が小皿の底で包丁研いでたの思い出します。それに考えたら、今使っている包丁をメンテナンスするのも簡単です。母がやっていたことをやればよいのですから。ただ家庭には包丁が1本しかないので、週末にでも何種類か買いに行くべきでしょうか。

盗まれた!?包丁が突然なくなった理由や原因・対処法を徹底解説!
料理を作ろうとしたら「あれ?包丁が突然なくなった!昨日までは料理で使っていたのに…」 そんな経験をしたことがありますか? 包丁は台所でしか使わないことが多く、それが突然なくなったなんて怖いですよね。私は以前も、料理をした後に包丁...
スポンサーリンク

コメント