包丁が錆びる原因があれだった!?予防法や対処法を徹底解説

包丁 錆び暮らし生活

包丁が錆びるのは、使い方やメンテナンスに問題があるケースが多いです。普段何気なく使っていると、劣化を早める原因にもなるので注意が必要です。この記事では、包丁の錆びの原因や対処法を紹介します。 「長年お世話になっていた包丁が錆び、切れ味が悪くなったのでどうにかしたい」、とそう思っているあなたにおすすめの記事です!

スポンサーリンク

包丁が錆びる原因と対処法

包丁 錆び

包丁が錆びるのって、包丁に水分がついてるのが原因なんですよ・・・なので

錆びを防ぐために、次の3ステップを守ってください!
①包丁を洗う!
②拭く!
③乾かす!
この3つを守って下さい!簡単そうでできていないことないですか?これからはこれを守って錆を落とす手間を省きましょう!もちろんこれをやっても、錆びづらくなるだけで錆びることがなくなる訳ではないのですよ・・・

錆びた包丁はどうやって、錆びを落とす?

きちんとメンテナンスしても、錆びを落とせないケースもあります。そんな時は、以下の3ステップで錆びを落としましょう!

①錆びとりグッズを買って・・・
②包丁の種類に応じて、怪我に気をつけてに錆びとり!

要は錆び取りグッズを買って、効率的に錆をを落としましょうということです。ダイソーは低コスパですが効果が低いので、Amazonや楽天などで専用アイテムを購入するとよいでしょう。

そもそも錆びにくい包丁ってないの?

包丁 錆び

時間がある人はここからも見て下さい!そもそも錆びなければ、錆びを落とす必要ないよね?と私思うんですよ。なので錆びにくい包丁・錆びやすい包丁を調べてみました!
簡単に言うと

錆びやすいのはハガネ、錆びにくいのはステンレス
だそうです・・・

なので、これから包丁を買うとき、錆びが本当に嫌い!と言う方はステンレスのものを買えば良いでしょう〜まあ、家庭向けのものはほとんどステンレス製なので、もう使っている包丁はステンレス製かも知れませんが・・・もしハガネだったら、買えたほうが、お手入れが楽かも知れませんよ〜

包丁自体を長持ちさせるには?

最後錆び以前の問題、包丁を長持ちさせるにはどうする?について書いていきたいと思います。その方法は・・・

硬すぎるものを無理やり切ろうとしない

硬すぎるものを無理やり切ると、包丁が傷つきます

包丁が傷つくと、そこを起点に錆びが進行する可能性があり危険です。硬いものを切るときは包丁に無理をさせていないか気をつけましょうね?切れない場合は、研ぐか、めちゃくちゃ切れ味鋭い包丁を購入する必要があります。普段から料理する方は、後者がおすすめです。

切れない包丁は錆びどころの話じゃない

包丁は、切れてナンボです。切れ味の悪い包丁は、怪我の原因にしかなりません。切れ味が悪いと、力をかけようとしますよね?

実はこれ、かなり危険なんです。不自然に加えられた力は、ちょっとした動きで分散します。よって、力を込めることに集中しすぎて包丁の扱いが雑になると、一気に指や手をざっくり・・・ということにもなるんです。

だからこそ包丁は、最初から切れ味の鋭い商品を使うべき。多少お値段は張りますが、使い続ければ、唯一無二の職人業物になります。

恐ろしく切れる包丁のおすすめ3選!切れ味抜群でプロも使う商品を紹介
皆さんは、毎日の料理をする際に包丁を使いますよね。 では、料理をするのに包丁の切れ味を気にしたことはありますか? 切れ味が悪いと食材が切りにくくて、刃先が滑って危ない思いをしたりなんてこともあるのではないでしょうか。 包丁...

包丁の錆びは使い方やメンテナンスによって抑えられる

最後に記事の内容をまとめますね〜

包丁の錆びは、使い方やメンテナンスによって防げます。錆を減らしたい場合は、以下を参考に、普段から使い方やメンテナンスを意識しましょう。

①包丁錆びたら、すぐ錆びとりグッズ買いにいく!
②錆びないようにするには、包丁を洗う!拭く!乾かす!の3ステップ!
③錆びない包丁はステンレス!
④固すぎるものは切るな!

以上です!皆さんの生活にプラスになれば幸いです〜

スポンサーリンク

コメント