包丁が怖いのはなんで?意外な理由と克服する方法を徹底解説

包丁 怖い暮らし生活

包丁が怖くて楽しい料理づくりが送れない」「包丁で自分の指や手を切ってしまったら怖い」など、一度は、誰しもが思ったことですよね。

新生活が始まる4月、一人暮らしを始めて包丁を使う機会の増えた方もいるのではないでしょうか?

そこで、包丁が怖い理由包丁を怖く感じるのをどう克服すればいいかを、お答えしていきます。包丁の怖さを克服して楽しい料理づくりにつなげていただけたらと思います!

包丁が怖い理由とは、、、

包丁 怖い

疲れから来る心理的ストレス

包丁が怖い理由の一つとして、疲れから来る心理的ストレスがあります。

これは、包丁そのものが怖いというよりも、最近楽しいことがない、疲れているなど心理的なものから怖さを感じる方も多いのではないでしょうか。そして誰かを傷つけてしまう、自分を傷つけてしまうかもといったことを考えてしまうんですね。

疲れが原因で包丁が怖い場合は、生活を振りかえってみて、何か気分転換になることをしてみてはいかがでしょうか。

指や手を傷つけてしまうかもしれない恐怖心

包丁が怖い理由として一番の原因だと考えられるのは、指や手を傷つけてしまうかもしれないという恐怖心です。

包丁の技量不足により怪我をしてしまうかもと考えてしまうんですね。

指や手を傷つけることで、包丁が怖くなる場合は、基本を怠らず包丁の使い方慣れるのが克服につながる一歩になるでしょう。

包丁を使いこなすことができれば楽しい料理づくりをすることができる!とマイナス思考ではなくプラス思考になることが大切です。包丁へのマイナスイメージをなくして怖さをなくすことから始めてみましょう。

包丁で指や手を傷つけないコツ

包丁 怖い

ここでは、包丁で指や手を傷つけないコツを紹介していきます。

これから紹介するコツを覚えて、包丁を怖いと感じるのを克服していきましょう。

左手をしっかりと猫の手の形にする

包丁で指や手を傷つけないためには、左手をしっかりと猫の手の形にすることが大事です。

これさえ守れば包丁を早く動かしても指や手を傷つける心配がなくなります。指や手を傷つける心配がないなら、怖さも軽減するのではないでしょうか。

セラミック製や100均にも売っているプラスチック製の包丁を使う

包丁で指や手を傷つけないために、セラミック製やプラスチック製の包丁を使うのも有効です。

プラスチック製の包丁は、刃先に触れてしまっても指や手が切れないようになっているのでとても安心してつかうことができます。包丁が怖いと感じる方は、絶対に切れない包丁をお使いください。

また、セラミック製の包丁は、刃先が白い物が多いため、親しみ深くつかうことができます。

包丁で切るリズムと移動のタイミングの練習をする

包丁で指や手を傷つけないためには、包丁で切るリズムと移動のタイミングの練習をすることが大切です。

包丁の持ち方や食材を抑える猫の手の形ができたら、切るリズムと左指の移動のタイミングを意識して練習をしましょう。

最初は何も持たずに練習するとよいかもしれません。野球もはじめは素振りから練習しますよね。包丁も同じようにするとよいかと思います。

練習をしていくことで自信がつくようになり包丁の怖さもなくなっていくはずです。

包丁をお手入れ・メンテナンスする

包丁で指や手を傷つけないために、包丁のお手入れ・メンテナンスすることも重要です。

切れにくい包丁を使っているとどうしても力任せになってしまいがちです。そのまま滑って指を切る事故につながる恐れもあります。

このような包丁を使うのは怖さにつながるので、日頃から包丁研ぎをつかうことを心がけましょう。

最初からよく切れる包丁を使うのも手です。最近はお求めやすい価格で、切れ味鋭い包丁が売られているので試してみてください。

恐ろしく切れる包丁のおすすめ3選!切れ味抜群でプロも使う商品を紹介
皆さんは、毎日の料理をする際に包丁を使いますよね。 では、料理をするのに包丁の切れ味を気にしたことはありますか? 切れ味が悪いと食材が切りにくくて、刃先が滑って危ない思いをしたりなんてこともあるのではないでしょうか。 包丁...

保護アイテムを使って怖さを軽減する

包丁で指や手を傷つけないために、保護アイテムを使うのも良いでしょう。

保護アイテムとは、防刃手袋や指ガードです。

これらのアイテムを使えば、もし指や手が刃先に触れてしまっても保護アイテムが防いでくれるので、指や手が傷がつく心配もなく安心して包丁を使えます。

【番外!】代用器具を使う

ここからは少し番外編っぽくなりますが、包丁以外の代用器具でものを切るということに焦点を当ててお話していきしょう。

例えば、「千切りをしたいけど包丁を使って千切りをするのが怖い!」という時には、ピーラーやスライサーを使って野菜をスライスすることができます。

また、フードプロセッサーやミキサーなどでも、簡単にお肉や野菜を細かく調理することができます。包丁を怖いと感じる方は、ぜひ活用してみましょう。

また、キッチンバサミは、「お肉や野菜を食べるサイズに切りたい!」そんな無難な悩みに対応できます。

ミキサーなど少し高めなものに手がだせなくても、ピーラーやキッチンバサミなら手軽に購入できるのでまだ持っていない方がいたらおすすめです。包丁が怖いと感じる方も、キッチンバサミなら容易に扱えるのではないでしょうか。

まとめ:包丁の怖さをなくすには、指や手を傷つけないようにしよう

包丁 怖い

包丁が怖いのは、指や手を傷つける恐れがあるからです。

指や手を傷つけないために、以下のことを気をつけて包丁を使いこなしましょう。

・左手をしっかりと猫の手の形にする

・セラミック製や100均にも売っているプラスチック製の包丁を使う

・包丁で切るリズムと移動のタイミングの練習をする

・包丁をお手入れ・メンテナンスする

・保護アイテム使って怖さを軽減する

・代用器具を使う

以上の事を心がければ包丁を上手くつかいこなせるはずです。しっかり対策して、包丁の怖さを克服しましょう。

包丁だけでなく、番外でもお話した代用器具も駆使して楽しい料理づくりをめざしてくださいね。

404 NOT FOUND | ご近所お助け隊
~生活・暮らしの情報館~
スポンサーリンク

コメント