カラスを撃退するおすすめ対策法!ゴミ・ベランダ・車・畑を荒らす害獣をシャットアウト

カラス 対策暮らし生活

みなさんカラス被害といえばどのような内容を思い浮かべますか?やはり一番最初にでてくるのはゴミ捨て場をカラスが荒らす等の生ゴミ被害なのではと思います。
みなさんも経験があるとは思いますが、私自身カラスがゴミを漁る様子を何度も見たことがあります。
そんなゴミ捨て場の荒屋の異名を持つに相応しいカラスですが、なぜゴミを漁るかみなさんは御存じですか?それは餌を得るためです。

スポンサーリンク

カラスが狙うのは可燃ゴミ

可燃ごみ

ゴミと一言に言っても様々な種類があり、大まかに可燃ゴミと不燃ゴミに分けられます。そしてカラスが餌として狙う生ゴミは、可燃ゴミです。
カラスは可燃ゴミと不燃ゴミの中から、餌になる生ゴミを漁りその過程でゴミ袋を破り、他のゴミを散らかします。
カラスだけの事を考えるならば散らかされたままでよいかもしれませんが、私たち人間はもちろんその状況を良しとはしません。なぜならば、その状況を放置した場合、異臭や他の害獣や害虫被害が増え、散乱したゴミが原因でつまずき転倒等の事故が起こる可能性があるからです。これは大げさな話ではありませんが、可能性の話をするならば強盗や暴行、殺人等もありえてきます。

ゴミ環境の改善は犯罪を抑止する

みなさんアメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した、「割れ窓理論」を御存じでしょうか?
この理論は、軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで、凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論です。「建物の窓が壊れているのを放置すると誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」との考え方が元になっています。
建物の窓が壊れているのを放置すると、それが「誰も当該地域に対し関心を払っていない」というサインとなり、犯罪を起こしやすい環境を作り出すといった内容ですが、これはカラスによりゴミが散乱している状況にも該当すると私は思います。

おすすめのカラス対策3選

ここまで長々と書いてしまいましたが、そんな割れ窓理論に繋がりかねないカラスの生ゴミ被害を防ぐために、カラスの生態とそれを利用した対策方法を3つご紹介させて頂きます。

対策1:糸を設置でカラス撃退!

カラス 対策

対策したい場所へ糸を設置するだけでカラス対策になると知っていましたか?
カラスは羽が敏感なので、羽に何かが当たることを極端に嫌います。そのため対策としては、糸等の障害物をカラスの侵入ルートに設置することが有効です。障害物を設置することでカラスが侵入した際に障害物が羽に触れ、カラスに強いストレスを与えることができます。これによりカラスの警戒心を上げ、その場所から追い出すという方法です。

この対策方法を思い浮かべた際に「設置した障害物は人間にも邪魔なのでは?」と考えた人もいるかもしれませんが、意外とそんなことはありません。なぜならカラスの侵入ルートの基本は空中からで、かつ羽を広げているからです。個体差にもよりますがカラスが羽を広げた際の全長は60cm近くあるため、人間もゴミ袋も通ることができる十分なスペースを確保できます。
カラスから見た光景はスパイ映画のワンシーンかもしれませんね。

Amazon

楽天

対策2:不規則な動きと音でカラス撃退!

カラス 対策

カラスは警戒心が強く小心者な生き物なのを知っていましたか?
みなさんカラスにこっそり近寄った経験はありますか?私は子供のころにあるのですが、後ろから静かに近寄ったはずはどうしてか逃げられたを覚えています。子供のころの私は疑問に考えただけで終わりましたが大人になった今の私は、その理由を調べて知ることができました。
カラスはとても小心者で警戒心が強く、少しの物音や生物の気配などで警戒し逃げてしまいます。またカラスに限らずたいていの鳥は、人間に比べるととても視野が広く、正面を向いた際に視野角が320度ほどあります(人間は約200度)。そのため人間が、カラスに後ろからゆっくり静かに近づいても逃げられてしまうわけです。

カラフルな布と鈴がおすすめ

ご説明した通りかなりの繊細な感性を持つカラスですが、その繊細さを利用した対策は不規則な動きと音を使うことです。
具体的には、カラスを近づけたくない場所に布などの軽く透明でない物を設置します。これにより、風で布が煽られ、不規則な動きをし、カラスの警戒心を刺激できます。

 

Amazon

楽天

 

次に、鈴等の音が出るものを設置した布等に取り付けます。布等の不規則な動きに合わせて鈴等から音が発生すると、カラスの警戒心をさらに煽れるためです。

 

Amazon

楽天

 

上記の対策法が面倒だという方は、鈴単体を糸で吊すだけでも効果が見込めます。ぜひ試してみましょう。
カラスにとって奇怪な物体が動き音が環境は、人間にとってのお化け屋敷と変わらないかもしれませんね。

対策3:強い光でカラス撃退!

カラス 対策

みなさんは畑やゴミ捨て場にCDが吊り下げられているのを見た経験はあるでしょうか?私は地元が田舎だったせいか」よく見かけていたのですが、昔はなぜと疑問に思いながらも特に深く考えることなくただ見ていただけでした。しかし今回この記事を執筆するにあたり色々と調べているとあの無造作に吊るされていたCDにもちゃんとした意味があるのだとわかりました。

カラスは強い光が苦手だそうです。その生態を利用したカラス対策が先程、私が地元でよく見たCDです。対策法は簡単で、カラス対策したい場所へCDを紐等で吊るしたものを設置するだけです。
カラスの行動時間は基本的に日中です。日中は基本的に太陽がでているため、CDは太陽から降り注ぐ光を反射し、カラスに強いストレスを与えます。屋外ならばCDが風で揺れて反射する光が不規則になるため、カラス対策の効力をさらに高めることができるかもしれません。
急に光をあてられていやがるのは人間もカラスも一緒ですね。わたしも昔、懐中電灯を急に向けられてイラっとしたことを思い出しました。

Amazon

楽天

3月~7月期はカラス対策を強化すべき

ここまではカラスの対策方法をご紹介してきましたが、カラス対策を強化した方がよい時期というものがあります。それは、カラスの繁殖期である3月から7月頃です。

この時期、カラスを普段より目にする機会が多いなと思ったことはありませんか?
3月から7月頃は、繁殖期で雛を育てるために普段より多くの餌が必要になります。そのため普段よりも多い頻度で餌場であるゴミ捨て場が荒らされるのです。

カラス対策は日ごろから重要ですが、特に繁殖期の時期には設置したカラス対策の点検をおすすめします。

まとめ:カラス対策をしっかりして、快適な生活をしよう

ここまで読んでいただきありがとうございました。

カラス対策として重要なポイントは以下の通りです

  • 糸を設置してカラスに嫌がらせする
  • 不規則な動きと音でカラスを驚かせる
  • 強い光を与える

今回の対策を活用して「綺麗な街作りをしていきましょう‼」なんて恥ずかしいことは言いませんが、カラスの跡片付けなんて面倒なことをしたくないという個人的な理由で良いので少しでもお役だてていただければと思います。

ありがとうございました。‼

スポンサーリンク

コメント