カラスは縁起がよい鳥!神社や神様との関係、不吉・吉兆・幸運の象徴とは

カラス 縁起暮らし生活

多くの人は、カラスは「縁起が悪い」「気味が悪い」など悪いイメージを持っている。

しかし、「日本書記」「古事記」ではカラスは「神の使いだ」と書かれ、その当時は何処でも見かける身近な鳥だった。

実際カラスは縁起が悪いものなのだろうか?

スポンサーリンク

カラスは古来から縁起がよい鳥だった

カラス 縁起

現在でこそカラスは不吉の象徴として利用されますが、昔は大半の人々がカラスに良いイメージを持っていました。

現在においてもその縁起のよさから、天皇の礼服の紋章に3本足のカラス、サッカー日本代表のマークに3本足の「ヤタカラス」が刺繍されています。

また古事記にも、次のように書かれています。

「神武天皇が紀の国(今の和歌山県)にお出ましになった時、神様からお告げがあり、ヤタカラスと言われる大きなカラスが現れ、道案内をしてくれました。」

日本最古の書物に記されているように、カラスは縁起の悪い生き物ではありません。むしろ縁起のよい生き物です。

縁起のよいカラスが悪いイメージになったのはいつ?

カラス 縁起

いったいなぜ、縁起がよいカラスのイメージが悪くなったのでしょうか。
文献では、江戸時代の頃に縁起が悪いというイメージが根付いたようです。落語の題材で「朝カラスの声がうるさくて寝れなかった」と出てくるように、大衆向けの娯楽にカラスが出てき始めた時から、カラスの鳴き声がストレスとして認識されるようになりました。

また、カラスの全身が真っ黒なのも、縁起が悪いといわれる所以でしょう。全身真っ黒のシルエットは、重厚さを感じつつも、不気味さがあります。それに加え、ゴミや動物の死骸に集まり、死肉を食すというカラスの習性があるため、ひときわ悪いイメージに繋がっているのでしょう。実際カラスは、ホラー映画やホラーゲームなどで、気味の悪い鳥として度々登場します。

そんなカラスなので、スピリチュアル的な見方をされることも多いです。

カラスの大群に襲われる夢!スピリチュアル的に幸運なの不幸なの?
みなさんはカラスについてどんなイメージをお持ちでしょうか。見ない日は無いというほど日常で目にするカラスですが、正直嫌いだという人も多いかと思います。 そんなカラスが夢に出てきたとしたら、それはいったいどんな意味を持つのでしょうか。 夢占...

カラスの知能が高いことも縁起の悪さに影響している

さらにカラスは頭の良い鳥であるため、一度見た顔は忘れないと言います。人語を理解する能力もあるといわれ、体に対する脳の割合は犬より多いです。道具を使うことでも知られ、数手先を見越し行動することもできます。

鳥なのに人間を出し抜く術を持っている、そんなところも人間に不気味がられ、縁起の悪い鳥とされたのでしょう。

特に、お年寄りは、カラスが家に来ると「その家が不幸になる」とか、「火事が起きる」と嫌なイメージを持っている人も多く、悪いことが起こる元凶のように考える人もいます。

カラスの知能が高いのはなぜ?犬やオウム以上に頭がいい理由
カラスはすごく賢いって知っていますか?急にそんたこと言われても「それはない!」と感じる方も多いでしょう。私自身もつい最近までよくゴミ捨て場にいる黒い鳥くらいにしか思ってませんでした。 そんな印象暗めなカラスですが、多くの学者の研究によ...

まとめ:カラスは縁起が悪いものではない

神話には縁起の良い鳥とされていたカラスは、現代では、単に、黒=不気味というイメージから不吉な鳥、縁起の悪い鳥とレッテルを貼られてしまいました。

しかし、本当のカラスは幸運の象徴とされ、日本とも大きな繋がりがあるのです。

たとえば以前、ある番組で、カラスにエサをあげた少女に、カラスが恩返しとしてイヤリングやきれいな貝殻を渡したというエピソードが語られました。

近場の話題だと、家の周りのカラスに「おはよー」とか「よっ」とか言っていたある日、カラスが願いを聞き入れてくれたのか、突然家の周りのゴミを散らかさくなったという話もあります。

このようにカラスは、縁起のよい生き物です。むやみやたらに嫌うのではなく、共生していけるとよいですね。

スポンサーリンク

コメント