カラスと人間は共存できる?彼らが襲ったり攻撃したりする理由

カラス 人間暮らし生活

カラスと人間は、古来より深いかかわりがありました。現代でもそれは変わらず、カラスは他の鳥類とは一線を画す存在になっています。
実際、自然の少ない都会で野生動物が生きるのは難しいものですが、カラスにとってはそうでもないようです。
むしろ都会に適応し、昨今、街中には多くのカラスがおり、ゴミ捨て場を荒らしたり、人を威嚇したりといった問題も増えています。
そうした中で、今後、カラスと人間は共存していけるでしょうか。

スポンサーリンク

人間はカラスを神聖な鳥として崇めていた

カラス 人間

日本において、カラスは古来から生息しており、その意味では、長年人間と共存してきました。
昔話・童謡・絵画などにもよく登場し、さらに、神聖なものとして神社などで祀られる場合もあります。
例えば、神からの遣いとされる八咫烏(ヤタガラス)は、サッカー日本代表のシンボルマークともなっています。

昔のカラスは、本来の生息地である自然の中に巣を作りつつ、時折、人里にも現れていました。
昔、カラスと人間は、適度な距離を保って共存していたと言えるでしょう。

カラスは縁起がよい鳥!神社や神様との関係、不吉・吉兆・幸運の象徴とは
多くの人は、カラスは「縁起が悪い」「気味が悪い」など悪いイメージを持っている。 しかし、「日本書記」「古事記」ではカラスは「神の使いだ」と書かれ、その当時は何処でも見かける身近な鳥だった。 実際カラスは縁起が悪いものなのだろうか...

現代のカラスと人間は犬猿の仲

ところが、近年、自然を出て都会で暮らすカラスが増えました。
他の多くの野生動物が、都市開発で自然が削られる中、数を減らしていったのと対照的です。

カラスはなぜ都会で暮らせるのでしょうか?
カラスは元々、自然の中では、肉食獣が仕留めた動物の残りを食べ尽くす掃除屋(スカベンジャー)のような仕事をしていました。
そのため、都会の中でも、人間のゴミ置き場で同じような仕事をして、エサを得ることができたのです。
また、電柱・交通標識・アンテナなどは止まり木となりますし、軒下や屋根裏など巣作りに適した場所にも事欠きません。

こうして、カラスは都会に住むようになりましたが、人との距離が縮まり、トラブルも目立つようになってしまいました。

カラスが後ろからついてくる恐怖!寄ってくる人や襲われやすい人の特徴
カラスがついてくる。 そういったことを経験された方は少なくないのでないでしょうか? 私も実際カラスに付きまとわれたことがあり、怖い経験をしたことがあります! ・何故カラスは人についてくるのか ・そんな時どんな行動をすれば...

カラスの知能が高いことも共存を難しくする?

カラスが都会で暮らせるようになったのは、生態を大きく変えたからではなく、もともと自然の中で行っていた生活様式を、都会にも当てはめられたからです。

とはいえ、自然とは全く見た目が違う都会で、「テレビアンテナは止り木になる」「人間のゴミ置き場は、肉食獣の食べ残しと同じだ」「この針金は、巣の材料になる」などと認識し、工夫して行動できるのは、カラスが賢いからに他なりません。

カラスの賢さを示す例は多く、例えば、道路にクルミを置いて車に殻を割らせたり、公園の水道の栓を自分でひねって水を飲むカラスもいます。

さらに、巣から落ちたヒナを保護するような形で飼育される場合もありますが、人にとてもよく懐き、知能が高いだけに、人間ともかなりコミュニケーションがとれるそうです。

カラスの知能が高いのはなぜ?犬やオウム以上に頭がいい理由
カラスはすごく賢いって知っていますか?急にそんたこと言われても「それはない!」と感じる方も多いでしょう。私自身もつい最近までよくゴミ捨て場にいる黒い鳥くらいにしか思ってませんでした。 そんな印象暗めなカラスですが、多くの学者の研究によ...

人間がすべきカラスへの対策法

カラスは、都会においてトラブルメーカーのイメージが強いですが、冷静に考えると、カラスに非はありません。
例えば、ゴミ置き場を荒らすといっても、そこにごちそうがあるからついばんでいるだけですし、人が手を出さなければ、カラスが無意味に攻撃してくることはありません。

ゴミを荒らされたくなければ、カラスを責めるのではなく、生ゴミをあまり出さない、あるいは、出すとしてもカラスの目に触れさせない、といった様に対処すべきでしょう。

そのほか、カラス被害でお困りの方は、以下の記事を参考にしてください。

カラスを撃退するおすすめ対策法!ゴミ・ベランダ・車・畑を荒らす害獣をシャットアウト
みなさんカラス被害といえばどのような内容を思い浮かべますか?やはり一番最初にでてくるのはゴミ捨て場をカラスが荒らす等の生ゴミ被害なのではと思います。 みなさんも経験があるとは思いますが、私自身カラスがゴミを漁る様子を何度も見たことがありま...
カラスのフン対策おすすめ!汚れた車やベランダの掃除方法も徹底解説
カラスのフンがうざい!対処法はあるの? いつも活発に動き回っているカラス。基本的には空を飛んでいて人間に影響はないですが、たまに車やベランダにフンを落としてきて困っているという話をよく聞きます。排泄行為とはいえ、身の回りのものを汚され...

人間とカラスはお互いに尊重して共存しあえる

カラスは知能が高く、都会で暮らすにあたり色々考えていますが、人間と揉めたい訳ではありません。

もともと都会は人口密度が高いですが、人々はお互い距離を取るよう配慮し、なるべくトラブルを避けています。
それと同様に、同じ住民としてカラスを尊重し、意識的に距離を取れば、カラスと人間は共存していけるのではないでしょうか。

まとめ:カラスと人間は一定の距離感で共存できる

今回の記事のまとめは以下の通りです。

◆昔、カラスは自然を拠点に、たまに人里に現れる程度だったが、近年、完全に都会を拠点とするカラスが増え、人間とのトラブルが目立つようになった

◆カラスはとても賢く、都会で生きるにはどうするか、自ら工夫できる

◆都会は、カラスにとって生活しやすい環境だが、その環境を用意したのは人間である

◆カラスを尊重し、意識的に距離を取れば、カラスと人間は共存できる

カラスは人間に敵意を持っているのではなく、餌を求めているだけです。人間が攻撃の意思を示さなければ、襲ってくることもありません。被害が大きくなれば駆除も考えますが、現状では人間が出すゴミ捨て場の環境を整えるのが先です。

カラスの習性を理解してゴミ被害を減らそう!生態や光り物や群れを好む理由
カラスは私たちの身近にいる生き物のひとつです。 その大きく真っ黒な見た目から不吉な動物というイメージを持たれやすく、またゴミ漁りや人間への威嚇行動を取ることから、嫌われやすい存在でもあります。 今回は、そんなカラスの習性やカラス対策...
スポンサーリンク

コメント