カラスって飼育できるの?慣れたら意外にかわいいってほんと?

カラス 飼育暮らし生活

カラスは街中でもよく見る身近な鳥ですが、ゴミ置き場を荒らしたり、人を威嚇したりすることなどから、悪いイメージが持たれがちです。
一方、とても賢く、コミュニケーション能力も高いとも言われます。
そんなカラスですが、人間が飼育することはできるのでしょうか?

スポンサーリンク

カラスの飼育は可能

腕乗りオウム

まず、カラスが飼育できるかどうかですが、他の多くの動物と同様、カラスの飼育は可能です。
例えば、ユニークな展示で知られる北海道旭川市にある旭山動物園では、身近過ぎて展示対象になりにくいカラスが、あえて(?)展示されています。
このカラスは有害鳥獣駆除として捕獲された個体で、利用者にカラスとの共存について考えてもらうために展示されているそうです。
ちなみに、カラスの飼育は、動物園で行われるだけでなく、一般の人が行うケースもあります。
もちろん、インコやオウムなどのようにスムーズにできる訳ではないのですが…。

ただしカラスを入手するのは困難

一般人がカラスを飼育したいと思っても、カラスはペットとして流通していないので、まず入手するのが困難です。
野生のカラスを捕獲するのは作業として困難ですし、鳥獣保護法などのルールに違反することもあります。

そのため一般人がカラスを飼育するのは、多くがカラスを保護する場合です。
例えば、巣立ちから間もない子ガラスは、うまく飛べずに地面でバタバタしていたり、 ケガを負って行き倒れになったりすることがあります。
見かねた人がカラスを保護してそのまま飼育したり、譲り受けた「里親」が飼育を継続したりするケースは少なくありません。
また、有害鳥獣駆除としてカラスの巣を撤去した際、中にいるヒナが気の毒なので、駆除担当者から譲ってもらったという事例もあるようです。

カラスを飼育する方法

カラスを飼育するのは、巣から落ちたり駆除対象になったりした幼鳥を保護する、というケースが多いです。
そこで、ヒナを保護した場合を想定し、成長段階に合わせて、飼育方法を見てみましょう。

<ヒナ~幼鳥の飼育>

カラス 飼育

■ヒナの飼育環境

ヒナを保護したら、まず健康状態を確認する必要がありますが、自宅で保護できそうであれば、ヒナが過ごせる環境を作りましょう。
ヒナはまだ小さいので大きなスペースはいりませんが、ヒナが育つ時期には保温が必要です。
羽毛が生えそろっていないヒナの場合、 巣の中では複数のヒナが体を寄せ合って保温できるものの、単独では保温できません。
緩衝材などを詰めた巣のようなものを用意し、局所的に温めるのではなく、自然の中のように部屋全体を25℃位まで温めてください。

■ヒナ(幼鳥)のエサ

エサはドライタイプのドッグフードで大丈夫ですが、親がヒナにエサを与える時に唾液で柔らかくするように、45℃くらいの湯に浸す必要があります。
そして、お湯を吸って柔らかくなったドッグフードを、手でつまんで子ガラスの目の前に出すと、子ガラスは自然と口を開けるので、 口の中に押し込んであげます。

スポイトなどを使うと、餌をあげやすくなるのでおすすめです。

Amazon

楽天
このエサやりは、1~2時間おきに繰り返さねばならず、羽毛が生えそろった幼鳥になっても続きます。
野生のカラスでも、 巣立ち後1ヶ月以上は親鳥からの口移しに頼っており、親の縄張りから出て行くまで続きます。
飼育の際には、手渡しを続けながら、自然と歩いたり飛んだりする練習をし始める頃から置き餌を置いておけば、いつの間にかついばむようになるようです。

■放鳥か飼育か?

ちなみに、カラスが歩いたり飛んだりする練習を自然にするとは言っても、カラスとしての社会性は自然には身に付きません。カラスは意外に集団で群れる傾向があります。

カラスが家に集まる理由!群れるときには死が関係してる?
カラス 集まるのはなんで、対処法は?? 今日はやけにカラスが集まっているなぁっていう時、ありませんか? 右を向いても左を向いても上を向いてもカラス 前を向いたら遠くにこちらの様子を伺いみるのも、多分カラス こんなに多くのカラスに遭遇...

特にヒナの時期から飼育したら、人間を親だと思いがちです。
放鳥させるにはまた別の訓練が必要なので、このまま家族の一員として過ごすのも一案となるでしょう。

<成鳥の飼育>

カラス 飼育

■成鳥の飼育環境

成長して体が大きくなると、当然ながら広いスペースが必要です。
独立して鳥小屋を設置するとなると、カラスは羽を広げると1m近い大きさがあるので、 小屋の床面積は2畳以上、高さは180cmくらいは必要になります。
猫のように室内で飼いたいなら、普段は犬小屋程度のケージにいてもらって、頻繁にそこから出てのびのびするという形でもいいでしょう。

ただ、飼育スペースが確保できても、排せつや水浴びをどうコントロールするかが難しい所です。
一番良いのは、独立した鳥小屋を設置し、その床を掃除しやすいものにして、いくらフンで汚れても、水浴びでビショビショに濡れても、大丈夫なようにしておくことでしょう。
室内で飼う場合は、カラスに限らず鳥は、飛ぶ寸前や緊張した時などに糞を放出する習性があり、基本的にトイレの躾が難しいため、部屋が汚れることはある程度想定する必要があります。

カラスのフン対策おすすめ!汚れた車やベランダの掃除方法も徹底解説
カラスのフンがうざい!対処法はあるの? いつも活発に動き回っているカラス。基本的には空を飛んでいて人間に影響はないですが、たまに車やベランダにフンを落としてきて困っているという話をよく聞きます。排泄行為とはいえ、身の回りのものを汚され...

■成鳥のエサ

エサについては、街中でゴミ置き場を荒らす様子がよく見られるように、雑食性であらゆるものを食べます。
栄養バランスや、毎日安定的に供給することを考えると、ドッグフードを中心に、キャットフードや九官鳥のエサなどを混ぜて与えるとよいでしょう。

ただし、カラスはそれだけでは飽きてしまいます。
知能が高いだけに、犬や猫よりも好みの幅が広く味覚も鋭いと言われ、ゴミ置き場を荒らす際も何でも食べる訳ではなく、好きなものを選り好んでいるようです。
カラスへの愛情を示すためにも、たまにはごちそうをあげましょう。
カラスにとってのごちそうは、人間にとってのそれに近く、特に生の肉(魚肉・牛肉・馬肉などの刺身系)や卵黄などです。
また、調理品や加工品も好きで、例えば、フライドチキンやカスタードクリームには目がありません。

■カラスの食性と寿命

鳥類は基礎代謝(何もしなくても消費するエネルギー)が高く、カラスも猫と同じ位の食事量が必要です。
とはいえ、成鳥になれば、カラスは雑食性で生命力が強いので、エサが限定されたり病気になりやすかったりといった心配はあまりなく、その点では飼育しやすいと言えます。

カラスの寿命は10年~30年程度と言われますが、人間の飼育下だと30年を超えるケースもあり、愛情を持って育てれば、犬や猫よりも家族の一員として長く暮らすことができます。

カラスと人間はコミュニケーションできる

犬とパソコン

さて、カラスを飼育できたとして、人とのコミュニケーションはどれ位できるのでしょうか?
カラスはとても賢いので、特にヒナから飼育すると人によく馴れ、 飼い主の指示はある程度理解するようになります。この点は猫よりも優れていて、犬に近いくらいです。
ただし、活発で気まぐれなので、指示が分かっても従うとは限らず、従順とは言えません。

カラスの知能が高いのはなぜ?犬やオウム以上に頭がいい理由
カラスはすごく賢いって知っていますか?急にそんたこと言われても「それはない!」と感じる方も多いでしょう。私自身もつい最近までよくゴミ捨て場にいる黒い鳥くらいにしか思ってませんでした。 そんな印象暗めなカラスですが、多くの学者の研究によ...

カラスは自尊心が高く、自分で考えて行動するので、そこが魅力的と感じる方も多いです。
例えば、傷ついたカラスの幼鳥を保護した事例では、傷が癒えたカラスをいったん放鳥したのですが、しばらくすると戻ってきてしまいました。
それからというもの、そのカラスは、毎日、30分くらい外を自由に飛び回ってから、必ず家に戻って来るそうです。そして、常に家の人のそばにいて、ペットの犬ともじゃれあっています。おそらく、自分の考えでここが自分の家だと思い、家族の一員となったのでしょう。

こんなコミュニケーションがとれる動物がカラスです。こんなに愛らしいなら、カラスを飼育するのもありですね!

まとめ:カラスの飼育は難しいけど可能

最後にカラスの飼育についてまとめました。

◆カラスの飼育は、動物園の他、一般人が行うこともある

◆カラスはペットとして流通していないが、野生のカラスを保護する形で飼育する人はいる

◆広いスペースや潤沢なエサが用意できれば、雑食性で生命力が強いので、カラスの飼育はそれほど困難ではない

◆カラスは活発で気まぐれだが、とても賢いので、気が合えば、人と親密なコミュニケーションができる

カラスは基本的に飼育が難しい鳥ですが、不可能ではありません。幼鳥から育てれば、犬や猫と同じくらいペット的な存在となるでしょう。不気味で不潔というイメージがありますが、古来より縁起のよい鳥としても有名です。

カラスは縁起がよい鳥!神社や神様との関係、不吉・吉兆・幸運の象徴とは
多くの人は、カラスは「縁起が悪い」「気味が悪い」など悪いイメージを持っている。 しかし、「日本書記」「古事記」ではカラスは「神の使いだ」と書かれ、その当時は何処でも見かける身近な鳥だった。 実際カラスは縁起が悪いものなのだろうか...

もし保護する機会に恵まれたら、里親が見つかるまででもチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

コメント