【ニキビ全滅!?】歯磨き粉洗顔で毛穴汚れやシミをとる方法!

歯磨き粉 洗顔暮らし生活

友人に皮膚科の看護師(友人A)がいるのですが、

もうひとりの会社員(友人B)の友人と三人で

食事をしていました。

以前に

友人B「ニキビがひどくてさ・・特に顎、おでこ」

友人A「あー、それね、歯磨き粉とつけたらいいよ」

と。

友人Aは脂っぽいものを食べ過ぎて

チョコンとニキビができると

その日は歯磨き粉をニキビに付けて寝る。

 

はい、次の日なくなっていますよー!

ということです。

信じられませんでした!

寝ぼけて洗顔と間違えて・・

などのあるあるはとっくに体験済ではありますが。

 

寝ぼけてつけた時は、目に入りスーッとして

痛かったのを記憶しています。

でも実際

歯磨き粉は洗顔にも使える!

というのは本当のようです。

歯磨き粉が洗顔にも使える理由

歯磨き粉は、亜鉛や炭酸カルシウムなどが含まれています。

 

この成分は、にきびの消炎作用に使われる成分と同じです。

そのため歯磨き粉を洗顔に使うことは

理にはかなっているわけです。

 

ただ、歯磨き粉は刺激物のため、

慎重に扱いましょう。

歯磨き粉で洗顔する方法

歯磨き粉を使った洗顔は、以下の2つのやり方に大別されます。

・にきびに直接盛るように塗る

・歯磨き粉を水で薄めて全体に洗顔する

歯磨き粉洗顔の方法①にきびに直接盛るように塗る

ニキビがある場合は、そこに歯磨き粉を塗布しましょう

通常のニキビケア商品とやり方は同じです。

塗布したら、少し時間を置きます。

一晩塗布したまま寝る方も多いです。

 

ただ歯磨き粉は刺激物なので

最初のうちは数時間ごとに

様子を見ましょう。

問題なければ徐々に時間を延ばしてください。

歯磨き粉洗顔の方法②歯磨き粉を水で薄めて全体に洗顔する

全体を洗顔する際は、歯磨き粉を水で薄めます。

歯磨き粉は刺激物なので、水で薄めるんですね。

 

歯磨き粉洗顔の後はもういちど

洗顔をしなおしましょう。

歯磨き粉の成分が残っていると

肌荒れやアトピーの原因にもなります。

 

いずれにせよ歯磨き粉洗顔で

肌に痒みや痛みが出たら

使うのをやめましょう。

 

歯磨き粉洗顔はチューブタイプがおすすめ

ジェルタイプの歯磨き粉は、消炎成分が入っていないことが多く

あまり洗顔効果がないと言われています

 

洗顔する際は、中身が白いあの、「ザ!歯磨き粉!」を使うようにしましょう。

 

歯磨き粉洗顔は脂のひどい肌質に効果的

歯磨き粉洗顔はその洗浄力の高さから

油っぽい肌に効果的と言われています。

 

脂質肌の友人も脂顔には

歯磨き粉洗顔が有効だと言っていました。

 

乾燥肌の方は少し刺激が強すぎるので

少量から始めるのが無難です。

 

私も乾燥肌なので、ニキビ、脂には無縁。

ですので歯磨き粉洗顔すると肌がヒリヒリヒリ・・・

まとめ:歯磨き粉洗顔は人によっては使える

歯磨き粉洗顔は、脂肌の人には使えます。

ただし刺激物を肌に塗るためまずは少量から様子をみましょう。

 

毎日行うのではなく、週1~2くらいの頻度でやるのが

ちょうどよいのではないでしょうか。

ニキビがひどい場合は検討してもよいかもしれません。

市販の洗顔料が物足りないという方は、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

コメント