2020年の節分っていつから何をするの?由来・起源・意味を徹底解説

イベント

「節分っていつからすればいいの?由来・起源・意味は?」と思ったことはありませんか?

2020年2月といえば節分の季節ですね。毎年この季節になると、豆を購入する方も徐々に増えてきます。しかし今まで節分をしたことがない場合、何をすればよいのか分からないことも多いのではないでしょうか。

かくいう私もその一人で、年中行事に興味がなかった一人暮らしの時は、「節分ってなに?もう終わったの??」という風に、マイペースで生きていたものです。

しかし家庭を持ったり親戚付き合いが多くなったりすると、節分についてきちんと知っておいた方がよいケースが増えてきます。

そこで今回は、記事内で節分をいつからやればいいのか、由来・起源・意味はどんなものがあるのかなどを紹介していきます。

今まで節分をやったことがなくて、何をすればよいのか分からないという方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

節分とは

節分とは、日本の四季の始まり「立春・立夏・立秋・立冬」に行われる年中行事のことです。季節の変わり目に生じる邪気を払うことを目的とします。元々は年に4回でしたが、現在では春の訪れをさす立春のみに行います。

節分の由来・起源は?

節分の由来・起源は、平安時代に行われていた鬼祓いの儀式「追儺(ついな)」です。706年には既に行われていたそうですから、節分には非常に長い歴史を感じますね。節分という言葉自体は、中国の暦を輸入しだした飛鳥時代(592年~ 710年)のころにできたそうです。

節分の意味は?なんのためにするの?

節分は、季節の変わり目に生じる邪気を払うための行事です。現在では家族全員の無病息災を祈り、一年のスタートを気持ちよく迎えるために行います。節分という行事を通して、無事に仕事や学業を完遂しようという意味合いですね。

節分ですること

節分でやることは、豆まきです。

豆をまくことで、人間に悪さをする悪霊や鬼を撃退します。

豆まきをした後は、自分の年齢分だけ豆を食べるのが習わしです。ですが私が自分の家で豆まきをした際は、最終的に豆を250歳分くらい食べていたと思います。家族全員の無病息災を祈っていれば、何個食べても問題ないでしょう。堅苦しく考えないことが、鬼や悪霊を撃退するポイントです。

豆まきの由来

なぜ数センチほどの豆が、鬼や悪霊を撃退できるのでしょうか?

豆を使うぐらいならその辺に落ちている小石を使った方がよいと思った方、分かります。私もそう思いました。

節分の日に豆をまくのは、昔の京都で鬼の目に豆をぶつけたら鬼を撃退できたという言い伝えがあるためです。中国の習俗では、魔を滅する「魔滅(まめ)」という意味をもつほど、豆の力はすごいんですよ。

陰陽道では、豆は鬼を封じ込める力があるとされています。そのため豆まきの後、自分の年齢分の豆を食べるのは、封じ込められた鬼を滅するという意味もあるんです。

節分で使う豆

節分で使う豆は、炒ったものでなくてはなりません。生のものを使い芽が出てしまうと、縁起が悪くなるので注意しましょう。縁起の悪さを抜きにしても、家の中で回収し忘れた豆が芽をだしたら普通に面倒ですよね。そのため節分用の豆は、近所のスーパーマーケットで売られている「福豆」などを使いましょう。

404 NOT FOUND | コマセグ 

豆まきのやり方

節分の豆まきは、「鬼は外、福は内!」と声を上げながら、鬼に豆をぶつけるのが一般的です。無言で豆をぶつけるのは、気味が悪くただのいじめになってしまうのでやめましょう。豆まきする際の掛け声は、地域や慣習によって異なるので、自分の地域の掛け声は別途確認してください。

節分はオニや悪霊を撃退するために行うので、一般的に豆をまくのは家の主人か長男と言われています。ただしワイルドを心を持っているなら、お母さんであってもバッサバッサと鬼や悪霊をなぎ倒してもかまいません。最近はお父さんが鬼の仮面をかぶり、家族全員で豆をまくというスタイルが人気のようです。

2020年の節分はいつから?

2020年の節分は、2月3日に行われます。

節分は1985年から毎年2月3日に行われていましたが、2021年以降は暦法の関係からそうとも限らなくなります。2020年の節分は、毎年2月3日に行われていた節分の最後の年ということですね。

まとめ:2020年の節分っていつから何をするの?由来・起源・意味を徹底解説

節分は、春の訪れに生じる、鬼や悪霊を退治するための行事です。一年のスタートを気持ちよく迎えるためのものなので、家族全員で楽しんで行いましょう。豆まきのやり方は地域ごとに異なる場合もありますが、基本的には以下の手順で行えば問題ありません。

・市販で売られている節分用の豆を買う
・お父さんなどが、節分用の豆に付属している鬼の仮面をかぶる
・家族全員で「鬼は外!福は内!」と言いながら、豆をぶつける
・自分の年齢分以上の豆を食べる
・家族全員の無病息災を祈る

スポンサーリンク

コメント