節分で撒く豆の種類は地域ごとに違う!?知らなきゃヤバイよ

イベント

節分の豆まきで使う豆の種類に、地域差があることをご存じですか?

節分といえば、「鬼は外~!福は内~!」と言いながら、子供たちが鬼に向かって豆を撒く姿が思い浮かびます。このような姿は一年間の無病息災を祝う年中行事として、日本の風物詩になっていますよね。

しかし豆まきって後片付けが大変だし、使う豆もどうすればよいのか迷ったことはないですか?

私も初めて豆まきする時は、「豆ってなにがいいの?」「うわ~。後片付けたいへんだなあ」とか思っていました。

どうせ節分するなら、後片付けも楽チンで美味しい豆を使いたいものです。

そこで今回の記事では、節分の豆まきで使う豆の種類を地域別に解説し、おすすめの豆を紹介します。

豆の代わりに使えるものも解説するので、節分の豆の種類でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

節分の時に撒く豆の種類には地域差がある!?

節分でまく豆の種類には、地域差があります。主に福島県や新潟県を境として、北は落花生、南は大豆を使う地域が多いようです。ちなみに7割は、大豆を用いています。

ここでは節分の豆が、落花生と大豆に分かれている理由をみていきましょう。

節分の豆に落花生を使う理由

北部で落花生を使うのは、落花生のほうが大豆より豆まきしやすく美味しいからです。落花生は殻の中に豆が入ってますので、家の中で撒いてもあたりに飛び散りません。回収も簡単なので掃除しやすいという特徴があります。

北国は雪が多いので、大豆のように小さな豆をまくのは、後片付けが面倒などのデメリットが多いんです。寒い地域では大豆を探すエネルギー量も節約する必要があります。落花生なら雪の中に落ちたとしても探しやすいですからね。

また、節分の時期はちょうど落花生の旬と重なります。家庭でも落花生を食べる事が多くなるため、先人の北国人はそれを節分の豆に使っちゃえという、合理的な判断を下したのでしょう。その証拠に、落花生の産地である九州の鹿児島県や宮崎県でも、節分の時は落花生を使います。

ただし国内の落花生産出量の9割を占める茨城県や千葉県では、節分の時に大豆を使います。産出量が多い地域では、落花生を完全にビジネス用として栽培しているようです。

ちなみに節分は、豆まきをした後に、自分の年齢分だけ豆を食べるという習慣があります。落花生の場合は、殻がついた状態を1個と数えるそうなので、節分の時は大豆をまくときより、食べる豆の量が多くなりそうです。

節分の豆に大豆を使う理由

節分の豆まきで大豆を使うようになったのは、大豆が日本で一番身近な豆だったからです。大豆を使うようになったのは江戸時代以降ですが、それの以前は米・麦・かちぐり・炭などを用いていましたた。しかしその根拠は「大豆は鬼を滅する力がある」とか「豆は魔目(魔滅)と書けるから」とか、不鮮明なものばかりです。「魔滅=マメ=豆=大豆」になったというのですから、節分の豆まきで大豆を使うのに大層な理由はないんですね。

その証拠に、北国や九州では落花生が使われています。

404 NOT FOUND | コマセグ 

節分に使える豆の種類一覧

節分に使える豆は、なんでもよいということが分かりました。大豆でなくても落花生でなくてもよいなら、自分の好きなものを撒いてもよいというわけです。実際、以下の食べ物は節分用の豆として使われたことがあります。

  • アーモンド
  • うぐいす豆
  • ピスタチオ
  • チョコレート
  • 納豆
  • お菓子
  • お金
  • みかん

まとめ:節分で撒く豆の種類は地域ごとに違う!?

節分で使う豆は、7割が大豆、3割が落花生ということが分かりました。後片付けのしやすさと、利便性を考慮するなら落花生のほうがよいですね。

節分の豆はいろいろなもので代用できるので、何を撒いたらよいか迷うこともあるかもしれません。

そんな時は、福豆を選びましょう。

福豆は、神社やお寺などでお祓いをした豆たちです。鬼や悪霊を寄せ付けない儀式を済ませているので、縁起のよい由緒正しい豆として、多くの方に利用されています。

落花生や大豆は味が少ないので、食べてもあまり美味しくありません。福豆なら砂糖・塩・醤油・きな粉などで味付けされたものが多いので、普通におやつとしてもいけますよ。

スポンサーリンク

コメント