こんな人はヤバイ!?木内みどりを襲った急性心臓死とは?

エンタメ

木内みどりの命を奪った急性心臓死ってなに?

女優として活躍していた木内みどりさんが急性心臓死でお亡くなりになりました。最近はれいわ新選組の街頭演説会で総合司会を担当していましたね。そんな元気はつらつな彼女が突然亡くなったということで、驚いたかたも多いのではないでしょうか。

でも、急性心臓死ってなんなんでしょうか。急性心臓死というと、心臓の病気というのは分かりますが、心筋梗塞なのか心臓発作なのかいまいち分かりません。

ただ急性心臓死は、前日まで元気だった木内みどりさんを突然死させた恐ろしい病気です。そのためこの病気について詳しく知るのは、無駄なことではありません。

そこで今回は、木内みどりさんの命を奪った急性心臓死について紹介します。私は医療の知識がないため、記事内の情報がすべて福祉保健局やお医者さんの発言を元にしています。

急性心臓死とはなんなのか知りたい人、原因・前兆・予防法を知りたい人、急性心臓病で亡くなった有名人を知りたい人などは、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

急性心臓死とは

急性心臓死とは、症状発現後24時間以内に死亡する、心臓を起因とした疾患のことです。交通事故や心臓病などの外因性ではなく、症状発現後、自然と心臓の活動が停止する状態を指します。木内みどりさんのように前日まで犬の散歩をするなど元気な様子の人が、原因も分からず死亡した場合に使われます。

急性心臓死の原因

東京都福祉保健局によると、急性心臓死の原因のほとんどは、虚血性心疾患だそうです。虚血性心疾患とは、なんらかの原因で臓器に血液が回らなくなった状態を指します。広い意味では重い不整脈・心臓肥大・弁膜症などが含まれます。仕事・家事・トイレ・車の運転・テレビ鑑賞・就寝中など、いつ発症してもおかしくないと言われています。

他の心臓疾患との違い

東京都福祉保健局によると、急性心臓死は心筋梗塞などが要因となることが多いそうです。しかし急性心臓死で亡くなった方の死因に、心筋梗塞と書かれることはあまりありません。これは急性心臓死があまりに短時間で人間を死に至らせるため、心筋梗塞と断定するための検査や解剖による病巣の発見が満足にできないためです。心筋梗塞が原因かもしれないがはっきりとしたことは言えないので、「急性心臓死」という言葉を使っているというのが現状です。

つまり急性心臓死は、心臓を起因とした突然死の死因を分かりやすく伝えるために使用されています。

急性心臓死の前兆

前日まで元気だった方が突然死する急性心臓死を、日々の生活から見極めるのは困難です。しかし健康診断や人間ドックで、潜在的な急性心臓死のリスクを発見することはできるようです。

急性心臓死で亡くなった有名人

急性心臓死が原因で死亡した有名人も多いです。

木内みどり

前日まで収録を行ったり、犬の散歩をしていたりと元気な姿を見せていましたが、急性心臓死によりお亡くなりになりました。

野村沙知代

野村監督の奥さんで、女優されていた野村沙知代さんも虚血性心不全で亡くなられています。死の当日は朝食を一口しか食べず、旦那さんからの呼びかけにも応じなかったそうです。

前田健

ものまねタレントとして活躍していた前田健さんも、虚血性心不全で亡くなっています。路上を歩行中、突然嘔吐しそのまま帰らぬ人になりました。不整脈の持病があったそうです。

田子ノ浦親方

田子ノ浦親方は、かつて大相撲で活躍していた力士です。家族と過ごしていた時突然意識をなくし、虚血性心不全を発症してそのまま帰らぬ人になりました。

松田直樹

松田直樹さんは、日本を代表するサッカー選手です。サッカーの試合中突然倒れ、34歳の若さでお亡くなりになりました。急性心筋梗塞だったそうです。

急性心臓死の予防法

東京都福祉保健局によると、急性心臓死の危険因子は「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」だそうです。これに、不摂生な生活習慣・運動不足・暴飲暴食・ストレスなどが加わると、急性心臓死の発症確率が上がると言われています。ただ医療機関の人間からすれば、原因が不鮮明な急性心臓死を予防するのは難しいのが現状のようで、今後の課題として掲げられていました。

一般人が今すぐできる予防法といえば、以下のようなものが考えられます。

・健康診断や人間ドックを定期的に受ける
・塩分控えめの食生活
・自分の血圧を把握する
・たばこや暴飲暴食をさけ規則正しい生活をする
・心臓に違和感を覚えたら医療機関を受診する
・日々のストレスをうまく解消する
・適度に運動する習慣をつくる
・夜はしっかり眠る

まとめ:こんな人はヤバイ!?木内みどりを襲った急性心臓死とは?

急性心臓死は、心臓を起因とした疾病のうち、24時間以内に死亡するものを指します。その主な原因は、虚血性心疾患です。虚血性心疾患は、心筋梗塞や心室細動などが発端となることが多いですが、死因を特定するための検査がしにくく、病巣の発見も難しいため、急性心臓死という言葉で表現されています。

急性心臓死を自分だけで予防するのは難しいのが現状です。そのため健康診断や人間ドックを定期的に受診し、自分の心臓の状態を常に把握しておくことが一番の予防法になります。日々のストレスを解消して、規則正しく生活していきましょう。

スポンサーリンク

コメント