お笑い芸人見取り図が元ダイハツ社員だと話題w出身学校や職歴から徹底検証

エンタメ

2019年のM 1グランプリ決勝進出を果たしたお笑い芸人見取り図ですが、リリーと盛山が元ダイハツ社員ではないのかと話題になっています。

ダイハツ社員からお笑い芸人に転身したのであればすごいことですが、実際はどうなのでしょうか。

この記事では、お笑い芸人見取り図が元ダイハツ社員だということを、出身学校や職歴から徹底検証していきます。

スポンサーリンク

お笑い芸人見取り図のリリーと盛山は元ダイハツ社員なのか?

結論から言うと、お笑い芸人見取り図のリリーと盛山は、元ダイハツ社員ではありませんw

もしかしたら元ダイハツ社員なのかもしれませんが、少なくとも公式にダイハツ社員であるという情報が見つかりませんでした。

お笑い芸人見取り図 ダイハツ社員」と検索されているので、リリーと盛山のどちらかがダイハツ社員と思うのが普通ですが、そうではないんですね。

芸人見取り図のリリーと盛山の職歴

お笑い芸人見取り図が元ダイハツ社員だというのは、リリーと盛山の職歴を見ていけばすぐに分かります。

お笑い芸人見取り図盛山の職歴

まず盛山晋太郎を見ていきましょう。

見取り図盛山は、1986年1月9日大阪府堺市生まれのお笑い芸人です。大阪法律専門学校を卒業しているので、社会に出たのは19歳~21歳くらいでしょうか。

大阪法律専門学校は国家公務員・地方公務員・警察官・消防官・郵政・鉄道員などの公務員になるための専修学校です。見取り図盛山は公務員志望だったので、この時点で元ダイハツ社員という線はほとんどなくなりました

相方のリリーと見取り図を結成したのは2007年の21歳のとき、その前は現在コマンダンテとして活動している石井輝明や、吉田たちのゆうへいとコンビで活動していたので、ダイハツ社員として働く余裕はどこにもありませんw

これはもう大阪法律専門学校で公務員の勉強しているうちから、お笑いコンビとして活動していましたね。

見取り図盛山が、元ダイハツ社員という線は99.9%なくなりました

お笑い芸人見取り図リリーの職歴

次に芸人見取り図盛山じゃない方である、リリーの職歴を見ていきます。

見取り図リリーは、1984年6月2日、岡山県和気郡和気町生まれのお笑い芸人です。ちなみに本名は清水 将企(しみず まさき)といいます。

大分県立芸術文化短期大学卒業なので、社会に出たのは二十歳ぐらいですね。

大分県立芸術文化短期大学は、日本の公立学校です。学科は美術科・音楽科・情報コミュニケーション学科・国際文化学科があります。見取り図リリーは、絵描きやミュージシャンなどの芸術家になりたかったようです。

実際リリーの絵の技術は定評があり、一部ではプロ級とまで言われています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

天使と悪魔 神崎さん

見取り図リリー(@mtrzlily)がシェアした投稿 –

めちゃくちゃ個性的な絵を描くんですね。さすがに専門学校で芸術を学んだだけあります。

大分県立芸術文化短期大学の就職先は銀行・保険会社・音楽教室・教師とかなので、見取り図リリーが元ダイハツ社員という線もほとんど消えました

また見取り図リリーは、2006入学のNSC29期生ですので、22歳の時にはお笑いの学校に通っていたということになります。元ダイハツ社員として考えられるのは、20~22歳の2年間ですが、この時期彼が何をしていたかは定かではありません。そのため相方の盛山よりは、元ダイハツ社員の可能性が高そうです。20歳から22歳の空白期間を経て、NSCに入学、卒業後盛山と見取り図を結成したことになります。

見取り図リリーが、元ダイハツ社員でない確率は95%くらいでしょうか。

なぜお笑い芸人見取り図がダイハツ社員だと言われたのか

ダイハツ社員からお笑い芸人に転身したというなら話は分かりますが、リリーと盛山はそうではありません。なぜお笑い芸人見取り図がダイハツ社員だと言われたのか、気になるところです。

理由として考えられるのは、以下のようなものです。

・5ちゃんねるなどの掲示板で誰かが書き込んだ
・大手サイトや企業などでダイハツ社員関連の企画、インタビューを行った

まとめ:お笑い芸人見取り図が元ダイハツ社員だと話題w出身学校や職歴から徹底検証

お笑い芸人見取り図のリリーと盛山は、元ダイハツ社員ではありませんでした。もしかしたらリリーは、20歳から22歳の間にダイハツ社員のバイトとして働いていたかもしれませんが、可能性はめちゃくちゃ低いでしょう。盛山にいたっては、元ダイハツ社員という噂は完全デマだと考えてよいと思います。

スポンサーリンク

コメント