トレンド話題

夜の窓(網戸)に小さな虫が大量発生!!部屋が虫だらけにならないための予防策

投稿日:

夏の夜に窓を開けると小さい虫が大量に発生することがありませんか?ほっておくと部屋中が虫だらけになり、寝ているときでも羽音が響くことになりかねません。ここでは虫が発生する原因と、夏の夜に窓を開けても小さい虫が発生しないような予防策を紹介します。

スポンサーリンク

夏の夜に窓(網戸)で虫が大量発生!!その原因は?

夏になるとエアコンをガンガンかけたくなるところですが、電気代を気にして節約志向の方もおられるのではないでしょうか?そんな時は窓を開けて冷たい空気を取り込みたい所ですが、気になるのが窓に集まってくる虫たちです。

虫と蛍光灯の意外な関係とは?

夜の窓に虫が大量発生するのは、蛍光灯に含まれている紫外線に反応するためです。虫は人間とは違って紫外線をみることができるため、小さな虫に限らず多くの虫が網戸に集まってきます。

例えば夏の夜に網戸に何かがぶつかる音がしたので、何事かとみてみると「カブトムシ」だったということがよくありました。

多くの人が「虫は光に集まる習性がある」と勘違いしていますが、正しくは「虫は紫外線にあつまる習性がある」ということに注意してください。

小さな虫は網戸の目の隙間を通り抜ける

一般的な網戸の目の隙間は18~20メッシュといわれてきますが、家庭にあるようなものでは小さな虫をシャットアウトすることができません。実際に網戸の目より小さい虫は数多く存在しており、網戸だけで全ての虫の侵入を防ぐことは不可能といっていいでしょう。

しかしカブトムシやカナブンなどの大きな虫の侵入を防いでくれている時点で、網戸の功績は大きいといっていいでしょう。特にカメムシは強烈な悪臭をはなつので、部屋に侵入されたら大変なことになります。

小さな虫は窓の隙間から侵入してくる

小さな虫は窓の隙間(桟の下)から侵入してきます。窓を閉め切った状態で継ぎ目付近に手を当ててみると、若干の風を感じたことはありませんか?このようにしっかり密閉している窓でも、小さな虫程度なら通れるような隙間が空いているのが一般的です。

窓を閉めきっていても、いつのまにか小さな虫が侵入している場合、窓の隙間から入っている可能性が高いです。カーテンを閉めるとだいぶ違ってくるので、試してみてください。

小さな虫は給気口や換気口から侵入してくる

給気口や換気口も虫にとっては絶好の侵入ルートです。浴室やキッチン、トイレなどの換気扇から入ってくることもあります。外壁から給気口までの間が離れていても、小さな虫ならかんたんに侵入してきますので注意しましょう。

シンクタンクに生ごみを放置していると、いつのまにか小さなコバエが沸いていることがあります。これは匂いにつられて排水溝から侵入してきたものですので、水回りを清潔にしておくことはとても重要です。

特に生ごみが餌になり繁殖し始めると、爆発的に増えるので注意してください。

 

夏の夜の窓(網戸)に虫を発生させないための予防策

夏の窓に虫が大量発生する原因をしることができました。虫がこないようにする対策は比較的かんたんにできるので是非おためしください。

LED照明に変える

LED照明には虫が反応する紫外線が含まれないので、夏の夜の虫に効果的に作用します。電気をつけない場合と同様の効果をえるので、網戸に虫が発生しにくくなります。一般的な蛍光灯より寿命が著しくながいことで有名なLED照明ですが、実は夏の夜の虫対策としても有効なんですね。

 

 

網戸のメッシュを細かいものに変える

網戸の隙間を30メッシュほどにすると、小さな虫でもシャットアウトすることができます。0.67mm角になるので1mm以下の虫もとおることができなくなります。網戸の張替えが苦にならない方は一番確実な方法ではないでしょうか。

ちなみに賃貸物件の場合は勝手にはりかえするとトラブルの原因になりかねないので、事前に管理人さんの了解をとってから行ってくださいね。

 

 

 

防虫カバー(ネット)で虫の侵入を防ぐ

網戸の張替えができない方でも防虫ネットをつかうことで、虫の侵入を防ぐことができます。目が細かく防虫剤も塗布されているものもあるので、虫の発生をしっかりと防いでくれます。女性でも簡易的に虫の侵入経路をなくすことができます。

 

 

防虫スプレー・防虫剤で虫の発生を防ぐ

もっと手軽に行えるのが網戸用の虫よけスプレーを使う方法です。網戸の張替えや防虫ネットの設置などの手間がなく、ワンプッシュで虫の侵入を防いでくれるので、女性でもかんたんに行うことができます。

換気口や給気口、排水溝などにも使えるので、ひとつあると本当に便利な商品です。

利用するときは窓を閉め切った状態で外からスプレーをしてください。こうすることで網戸と外窓の両方に薬剤を塗布することができるので、二重の予防効果が期待できます。

 

 

 

すきまテープで窓のすきまを完全にふさぐ

窓の小さな隙間をふさぐには、すきまテープがおすすめです。冬になると冷たいすきま風も防いでくれるので、一石二鳥の防虫アイテムです。手軽に誰にでもかんたんにできるので、一家にひとつあると何かと助かります。

 

 

遮光カーテンで紫外線をカットする

遮光カーテンなら紫外線を大幅にカットしてくれるので、窓の発生を抑えてくれます。簡単にできる防虫対策なので、多くの家庭で取り入れられているようです。夜に蛍光灯をつけてもかなりの光をさえぎってくれるので、確実に虫の発生を抑えてくれますよ♪

 

 

 

まとめ:夜の窓(網戸)に小さな虫が大量発生!!部屋が虫だらけにならないための予防策

夏の夜に虫が大量発生する原因は多数あるので、状況に応じて予防策をはることが必要です。虫の生態と発生原因をしっておくだけで、効果的な対策をとることができるので、これを機に予防策を試してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

-トレンド話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

埼玉県の謎の光の正体はドローンか!?

どーも、Troです。 埼玉県で謎の光が確認されました。あまりにくっきりと誰にでも見えたことから正体は人工物ではないかと言う見方が濃厚です スポンサーリンク

遊びたいのにお金がない‼️そんな時は楽に稼げる派遣がおすすめ

遊びたいのにお金がない時って本当に困りますよね。そんな時は派遣登録するといいですよ スポンサーリンク

トラックのタイヤ痕が残る中国産のひじきは安全か??危険か??

どーも、Troです。私たちは食べたもので作られる。それならば、口に入れるものは厳選していきたいですよね。子供がいる家庭なら尚更、気をつけたいところです。 スポンサーリンク

不動産賃貸の仮押さえをキャンセルしても仮申込金は戻ってこない!?

進学、就職シーズンである2,3月は引っ越しや家探しが多くなる時期です。そこで今回は不動産賃貸の仮申込金はキャンセルしても戻ってくるのか紹介します スポンサーリンク

イージス駆逐艦がコンテナ船に駆逐されたったwww

どーも、t-manです。 アメリカのイージス駆逐艦とフィリピンのコンテナ船が激突しました。イージス駆逐艦が駆逐されたと話題です スポンサーリンク