グルメ

トラックのタイヤ痕が残る中国産のひじきは安全か??危険か??

投稿日:2017年12月26日 更新日:

どーも、Troです。私たちは食べたもので作られる。それならば、口に入れるものは厳選していきたいですよね。子供がいる家庭なら尚更、気をつけたいところです。

スポンサーリンク

 

ネットでニュースを見ていたら飛び込んできたのが、中国産ひじきの安全性についての記事でした。

中国の浙江省温州市で作られているのですが、その環境が汚い。

ビニール紐などのゴミが付いているのも当たり前で、ひじきの入った袋を椅子にしている作業員もいるなど

 

 

なかなかショッキングな写真を掲載していました。

浙江省温州市は周りを海や山に囲まれた自然豊かな土地です。温州みかんの産地でも有名です。

観光地にもなっており、鉄道が通る前は陸の孤島と言われるほど交通の便が悪いところでした。

その鉄道も最近では脱線事故を起こしましたが。。。

 

 

軽工業が発達しており、靴や衣類、革製品、プラスチック製品などの輸出が盛んです。

そのため、工業廃水での汚染が懸念されており、記事でもひじきに何らかの影響があるのではないかと書かれていました。

実際ひじきに工業廃水が染み込んでいるかどうかは定かではありませんが、いい気持ちはしませんよね。

ひじき養殖場で使っている水を見ても、なかなか汚染されてそうです。

 

 

カドミウムなどの重金属類は蓄積されていくうちに悪影響を起こしますので、安物のひじきを食べ続けるのはもしかしたら危険?なのかもしれません。

 

 

 

何より気持ち悪いのはトラックのタイヤ痕がひじきについていると言う記述です。

本当にそうだとしたら気持ち悪すぎですね。

 

 

正直、地べたに干すのはいいんです。

ひじきの入った袋を椅子にしてゴミを取り除く人間もまだ良いです。

スポンサーリンク

ゴミの入ったひじきもまだ我慢できます。

 

 

しかし、トラックのタイヤ痕は嫌ですよね。
想像してみると、単なる嫌がらせにしか見えません。

 

 

後押しするように

 

「ひじきは中国人は食べないから笑」

「ここのひじきはほとんど日本に出すからさ笑」

 

などと書かれれば日本人をバカにしているのかと思わざるを得ません。

なかなか日本人の神経を逆撫でする記事ですな。

 

 

 

 

 

日本に流通するひじきは9割外国産で、ほとんど中国産と韓国産というのも驚きました。

もっと他になかったんかい。

 

 

と思いましたが、これが資源貧国日本といえば、まあ納得というところでしょうか。

価格も中国産の方が安く、量も多いということで国内に流通する過半数が中国産ひじきといってもいいでしょう。

スーパーに売られている惣菜、弁当のひじき煮などは、中国産ということです。

あの甘いやつですね。あれはうまい。

 

 

今回は中国産ひじきを紹介しました。
冷凍ギョーザに比べると軽かったですね。

中国産ひじきといえど国内の検査を通ってきている以上、政府が安全だと太鼓判を押したものです。

 

 

 

よって、極度に恐れる必要はないかと思います。

 

 

しかし、安さを求めて安全が脅かされては本末転倒だし、口に入れるものだからこそ気を使いたいものです。

そんな人は少々お高めですが国産ひじきをお勧めします。

スポンサーリンク

-グルメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

海外ダイエット食品を模倣した丁容疑者がやったこと

どーも、Troです。中国で海外ダイエット食品を模倣製造、販売する事件が発生しました。摘発された丁容疑者の執念がすごい スポンサーリンク