岡山理科大がうつ病治療薬セルベックスを開発。世も末だと話題www

話題のニュース

どーも、t-manです。

岡山理科大がセルベックス(テプレノン)のうつ病軽減作用を発表しました。
これはいいことだなぁっと思ってましたが、世も末だと話題ですwww

スポンサーリンク

岡山理科大が発見したセルベックスにうつ病軽減作用があることを発見

 岡山理科大理学部の橋川直也講師(分子生物学)、橋川成美准教授(薬理学)らのグループは、うつ病に特殊なタンパク質「hsp105」が関与していることをマウスを使った実験で明らかにした。既存の胃薬を投与すると症状が抑えられることも分かり、新たなうつ病の予防や治療法の開発につながる成果と期待される。論文が31日付の米科学誌電子版に掲載された。

グループは、体内の至る所に存在し、傷付いたタンパク質を修復したり、細胞を保護したりするタンパク質群が、うつ病に関わっているとみて研究。熱などのストレスによって増える「熱ショックタンパク質(hsp)」と呼ばれるタンパク質群で、他のマウスから攻撃を受けストレスでうつ状態になったマウスを使って関連性を調べた。

その結果、うつ状態のマウスでは多くの種類があるhspのうち「105」というタイプが脳内の一部で減少していた。hspを増やす働きを持つ胃薬を経口投与すると、うつ症状の特徴である攻撃マウスに対する行動力の低下を抑えることができた。

さらに、hsp105は、うつ病など脳の神経疾患に関与することが知られている「脳由来神経栄養因子(bdnf)」というタンパク質の量を増やすことで、うつ症状を抑えている仕組みも突き止めた。

橋川直也講師は「既存薬であれば新薬の開発に比べて実用化へのハードルは低い。類似薬に同様の効果があるかや、どのような原因によるストレスに対して有効かなど、検討を重ねたい」と話している。

出典 yahooニュース

つまり、うつ病状態になっている時は脳内でhsp105というタンパク質の現象が見られるので、それを補いましょうってことですね。

そしてうつ状態のマウスにセルベックス投与したらhsp105が増えて鬱症状が緩和したということです。

セルベックスとは?

岡山理科大がイチオシするセルベックスとはなんでしょうか

これは医療用の医薬品です。胃の炎症などの治療に使われます。テプレノンという成分が胃粘液を増進させて胃を保護します。

市販用でもセルベールとして売られていますよ。もちろんテプレノンが含まれています。

要はテプレノンがうつ病に効くという研究発表なんですね

岡山理科大の研究発表が世も末だと話題

岡山理科大の研究発表について否定的な意見もあります。主にこの2つです

  • 加計学園問題
  • そもそもうつ病は薬では治らない

加計学園とは岡山理科大を運営してるところです。その加計学園が国家戦略特区として獣医学部を新設します。この建設のために35億7500万円相当の土地と64億円の補助金が無償提供されていることが問題になってますよね。

安倍晋三首相と加計学園の理事長が数十年来の親友であること、この新設のために多額の資金が無償提供されていること、それを安倍総理が主導していることなどが問題として追求されてますね。

そんな中で岡山理科大のセルベックスによるうつ病軽減効果の研究発表です。

タイミングの良さから胡散臭さを感じる人も多いようですね

https://twitter.com/omniech/status/864790808280481792
https://twitter.com/next316yumaer/status/847239734678011905

 

 

 

 

そもそもうつ病に薬は効かないと言う意見があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/iwayabeach/status/848860301554360320
https://twitter.com/supdra_mi/status/846601341858332672

まとめ

以上

岡山理科大がうつ病治療薬セルベックスを開発。世も末だと話題www

でした。

スポンサーリンク

コメント